眠くない時に寝る方法とは?どうしても眠りにつきたい人はチェック

夜勤のために昼間寝ないといけない、生活リズムを戻すために寝ないといけないなど、眠くないのに眠りにつかないといけない時ってありますよね。

特に生活リズムを戻したいという人は多いと思いますが、瞑想などの睡眠導入法をおすすめさせていただきます!

より早く睡眠に入れるようにし、しっかりと睡眠をとれるようになる、眠くない時に寝る方法をご紹介していきますね。

眠くない時に寝る方法とは?睡眠法について

夜になく犬

まずはじめに睡眠法から改善していきましょう。

眠くない時に無理やり眠りやすい状態に持っていくというものです( ´艸`)

とはいえ試してみる価値あり!実際に私がやってみた結果すぐ仮眠出来ましたよ♪

Sponserd Link

シャッフル睡眠法の実践

シャッフル睡眠は、まず基準となる単語を決めて、その単語の1文字から始まる言葉を複数個挙げていくというのを脳内で行うことです。

例えば基準の単語を「すいみん」にして、「すし、すいか、すいそのおと、すいません…」とまずは『す』から始まる言葉をいくつか限界まで思いついてみましょう。

『す』が思いつかなくなったら、次の『い』を基準に同じように進めていくという流れでやっていくんです。

このように脈絡の一切ない単語をひたすら思いつくことにより、睡眠を邪魔する論理的なことを考えるという要素を省く効果がでます。

ところで『ん』から始まる単語とはいったい…。これは論理的な思考になりそうです…。

カウントダウン睡眠法の実践

カウントダウン睡眠法とはその名の通り、眠りに入るときに脳内でカウントダウンしていく睡眠法です。

使用される目的としては、上で紹介したシャッフル睡眠法と同じで、余計なことを考えさせないという点ですね。

どこまで数えたか忘れてしまったのであれば、また最初から始めると良いでしょう。

あまり桁数の多い数字からカウントダウンを始めてしまうと、頭をフル回転させてしまう可能性があるため注意してくださいね?

4-7-8呼吸法の実践

4-7-8ってフォーメーションの話じゃないですよ?だとしたら人数オーバーですがね…。

マインドフルネス呼吸法とも呼ばれるこの呼吸法は、やり方は数字さえ覚えてしまえば簡単。

4秒間鼻から息を吸う-7秒間息を止める-8秒間で口から息を吐く、これを3セット繰り返すだけです!

最初は息苦しいかもしれませんが、次第にリラックス効果が出てくると思いますので気楽にお試しくださいね♪

眠くない時に寝る方法とは?リラックス効果を得る

眠そうな猫

精神的な重圧、いわゆるストレスなどが原因で眠りに付けないという可能性があります。

その可能性を潰すためにもリラックス効果でストレス解消をしましょう。

また睡眠に集中しやすい状態を作るためにもこの方法は期待できます。

Sponserd Link

瞑想をする

迷走じゃないです、瞑想です。迷走すると逆に寝れなくなりますからね(笑)

眠くなくてもとりあえずずっと横になってろ!とはいうものですが、それで寝れることなんてあまりないですよね。

そうなったら一度布団から出て、瞑想タイムです!

瞑想のポイントは『無』になることです。何も考えずに、何も意識しない、自分が瞑想していることすら忘れるようにする。

これで雑念をカットし、癒し効果を得るためスムーズに睡眠に入ることが出来ると思うので、お布団をかぶりまs(˘ω˘)スヤァ

アロマを焚く

アロマを焚くと出る植物性の香りで脳を癒すことが目的です。

柑橘系のアロマが特におすすめですね。

もちろん自分の嫌いな香りのするアロマは焚かないようにしましょうね?逆に眠りに入りづらくなりますからね(笑)

部屋に好きな香りが残ると寝起きも良くなりますからね♪一石二鳥です(*‘∀‘)

音楽を聴いて寝る

YouTubeなどの大手動画サイトではこんな感じの寝るときに効く音楽の動画がアップされています。

これを聴きながら睡眠に入ると、癒し効果により早く眠りにつくことが可能です。

実際私もこういうの結構使っている時期がありました(笑)

私の場合だとゲームのBGM聴きながら寝ることがありますね。ド〇クエのBGMは特におすすめです(゚Д゚)

眠くない時に寝る方法とは?環境を変える

寝室

眠れないのは身体に問題があることが多いですが、単純に寝る環境がふさわしくない可能性もあるんです。

部屋の環境を変えることも重要な眠くない時に寝る方法の1つです。

電気を変えてみる

温かい家

白い蛍光灯を部屋の灯りにしている方は、眠りにつきにくいのも仕方ないのかもしれませんね…。

明るすぎる灯りは脳が朝になったと勘違いしてしまい、そのまま寝ると浅い睡眠になってしまいます。

部屋の灯りはオレンジっぽい優しい灯りにするのがおすすめです。あったかい我が家が待っている~といった感じの灯りです。

私の部屋はこの灯りを採用しているわけですが、白い灯りから変えた当初は電気つけっぱなしでついつい寝てしまうほど癒されていました( ´艸`)

寝具を変えてみる

青空

寝具が汗ベタベタのものだったり、古臭いものを使っていると眠りにつきにくいですし、寝れたとしても睡眠の質が悪くなります。

新しく清潔な寝具に変えてみると良いかもしれませんね。特にふわふわ系の寝具は癒し効果にも期待できるためおすすめです。

また抱き枕なんかも用意すると良いでしょう。

抱き枕には安眠効果の他にも、腰痛解消効果、いびき予防効果に期待できますからね!

眠くない時に寝る方法まとめ

眠くない時に寝る方法として以上のものをおすすめさせていただきます。

特に睡眠法はぜひ試してほしいです。短時間の間に急いで仮眠を取りたい時にかなり使えます(笑)

身体に原因がある場合もあれば、部屋や物に原因があることもあるので生活を見直してみると、意外とすんなり眠りにつけるかもしれませんね♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ