【完全解説】ナゼ、睡眠時間が短い症状が起きるの?TOP3原因と改善方法

たくさん寝たいのに、早く目が覚めてしまうことありませんか?睡眠時間が短いと体の疲れが完全に抜けず、疲れや怠さ、頭痛の原因になったりします。そこで、今回は睡眠時間が短い症状が起きる仕組みとTOP3原因を解説します。睡眠時間が短くなる原因と改善方法を紹介するので、今日から短時間睡眠(ショートスリーパー)を改善できます。

 

ナゼ、睡眠時間が短い症状が起きるの?TOP3原因「加齢」

加齢

若い頃は好きなだけ眠れますが、大人になるに連れて、睡眠時間が短くなリます。これは、体の筋肉が衰えるように「眠る力」が加齢により、衰えるからです。これは、健康な人でも通常に起きることです。

 

改善方法

加齢で「眠る力」が衰えていると感じる人は、筋トレと同じで、トレーニングをすることで、治せます。「眠る力」を鍛えるには、ストレスを感じるのをやめましょう。

 

「今朝も早く起きてしまった」

「どうして、早く起きるの?最低な気持ち」

「年を取るのは嫌な気分だ」

こんな口癖があるなら、そこから改善しましょう。

 

早起きしてしまった朝には、散歩に出かけましょう。最初は、5分近所を歩くだけでも大丈夫です。朝日を浴びることで、ハッピーな気持ちしてくれるホルモン『セロトニン』が出てきて、前向きになれます。また、カラダを動かすことで、熟睡することも出来ます。

 

 

ナゼ、睡眠時間が短い症状が起きるの?TOP3原因「疲れ不足」

疲れ不足

仕事を頑張った日、「疲れたなぁ」と感じていても“疲れ不足”の可能性があります。日中は、仕事を頑張った?から、疲れている!と反論が聞こえてきそうですが、アナタのお仕事がオフィスワークならこれが間違いです。

 

精神的な疲労と肉体的な疲労は別物です。睡眠に必要なのは、肉体的な疲労です。

 

疲れ不足チェック

  • 往復通勤時間の徒歩時間は30分未満
  • 座って仕事をすることが多い
  • 運動習慣はない
  • 週末のみ、運動する
  • 階段よりもエレベーターを使う
  • 家事は週末にまとめてやる

チェックの数が多ければ、多いほど『疲れ不足』です。

 

 

肉体的な疲労が不足しているので、寝つきが悪くなります。寝つきが悪くなれば、睡眠の質は低いので、早朝に目が覚めたり、睡眠時間が短くなります。

 

改善方法

肉体的な疲労を増やす為に、オフィス内の移動を階段にしたり、早歩きをしてみましょう。慣れてきたら、階段を1段飛ばしで使ったり、帰り道を遠まりしたり、少しの工夫で改善することが出来ます。

 

また、家事労働も肉体的な疲労にちょうどいいので、朝起きたら洗濯をする、朝起きたら掃除をするを10分程度でいいので、日常に取り入れるのも効果的です。

 

 

ナゼ、睡眠時間が短い症状が起きるの?TOP3原因「栄養不足」

栄養不足

睡眠時間が短くなる原因の1つに、栄養不足があリます。普通に生活していたら、「3食キチンと食べいるから問題ない!」と思いがちですが、睡眠に必要な栄養素が不足している可能性があります。睡眠に必要な栄養素が不足すると、夜に私たちを眠らせてくれる『睡眠ホルモン』の分泌が減ります。

 

改善方法

睡眠ホルモン『メラトニン』の原料を食事でとりましょう。

 

<主な食材>

  • 牛乳
  • チーズ
  • 肉類
  • 魚類
  • 豆類

を積極的にとりましょう。

 

更に、高い効果が欲しい人は「メラトニン」を含んでいる食材からとるのもオススメです。

 

<メラトニンを含む食材>

  • ケール
  • アメリカンチェリー
  • 春菊
  • バナナ
  • コーン

 

(番外編)寝つきが悪くて、睡眠時間が短くなる?

睡眠時間が短いのを気にして、早く寝るようにしているけど、寝付けない?そんな時には、思い切って就寝時間を1時間から2時間遅らせてみましょう。これで、早朝に目が覚めてしまうことが無くなります。

 

パートナーとの就寝時間?

家族やパートナーと寝ているのが習慣になっていて、寝つきが悪い場合も遠慮なく相手に伝えましょう。アナタの寝るタイミングとパートナーの寝るタイミングが違うのは、当然のことです。それを我慢したまま「ああ、眠れない」と悩んで、ストレスを感じることで、余計に眠ることが出来ません。眠気がくるまで、ゆっくり読書を楽しんだり、ストレスを避けましょう。

 

 

まとめ

睡眠時間が短くなる原因TOP3と改善方法を紹介しました。アナタは、思い当たる原因はありましたか?少しの努力でアナタの睡眠は劇的に変化します。快眠で快適に過ごしましょう。

 

Aida Minamoto

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ