【アメリカ睡眠医学会発】ベストな睡眠時間って何時間?平均睡眠時間?

アナタの平均睡眠時間は何時間ですか?慢性的に疲れやストレスを感じているなら、睡眠時間が間違っている可能性がありまあす。アメリカにある睡眠学会が発表したデーターでは、年齢別でベストな睡眠時間があるんです。今回は、アナタのベストな睡眠時間を紹介します。

 

【アメリカ睡眠医学会】どうして睡眠時間が問題になっているの?

woman-2197947_640

最近の研究結果で、心臓疾患や肥満は睡眠不足と関係が深いことがわかって来ました。人々の健康被害を防ぐため、アメリカにある睡眠医学会がベストな睡眠時間のガイドラインを発表しました。

 

成人の場合、7時間以上の睡眠が望ましい

 

と提唱しています。

Doctors looking at x-ray

睡眠や神経学を専門とする(睡眠医学会会長)ナタニエル・ワトソン教授(Nathaniel Fletcher Watson M.D.)は、「7時間から9時間の睡眠時間がベストで、6時間以下の睡眠では集中力が低下し、心臓病、脳卒中、肥満のリスクも高まります」と述べています。

 

 

ベストな睡眠時間のガイドラインはどうやって決められたの?

Smiling Woman on Bed

アメリカ睡眠医学会が作成した『ベストな睡眠時間のガイドライン』を作成には、睡眠時間と健康状態について調べた調査結果、被験者の睡眠時間をコントロールした実験結果から算定しました。

 

他の研究では、睡眠不足が起こす健康被害もわかっています。

  • 睡眠時間が7時間未満でBMIが上昇する
  • 食欲が増進するホルモンが上昇する
  • 肥満になりやすい
  • 肥満が原因で心臓病リスクが上がる
  • 肥満が原因で脳卒中リスクが上がる

 

睡眠不足で、肥満傾向になって、他の病気のリスクが上がることが研究でわかっています。

睡眠障害(不眠症、ショートスリーパーなど)のある人は、心臓発作を起こす確率は2から2.6倍脳卒中を起こす確率は、1.5から4倍になるという研究結果も出ています。

 

そのくらい危険度が高いので、アメリカ睡眠医学会が『ベストな睡眠時間』のガイドラインで発表したのです。

 

アナタが睡眠不足、睡眠障害を抱えているなら、気軽に考えてはいけません。通常の人に比べて、脳卒中や心臓発作が起きる可能性が上がっても、その不眠を放置しますか?早期対策をしましょう。

 

年齢別でみる『ベストな睡眠時間』ガイドラインはコレ!

SleepTimeRecommendations012615[1]-page-001_0

この表では、右側に年齢層のレンジがあって、ベストな睡眠時間は濃いブルーで表記されています。

 

例えば、大人の26歳であればAdultでチェックします。

ベストな睡眠時間は、7から9時間

Okayな睡眠時間は、6時間か10時間

 

5時間であれば、睡眠時間は足りていません。11時間以上の睡眠時間が必要な人も、健康的な睡眠時間ではありません。現在は、不眠症だけが注目を浴びていますが、過眠症という症状も健康被害に繋がる可能性が高いです。

Time in business

まずは、自分の年齢別でベストな睡眠時間をチェックして、過不足がないかを確認しましょう。睡眠時間が不安な人は、睡眠外来を受診しましょう。

睡眠障害(不眠症など)の治療が可能な病院 1,791件 【病院なび】

 

Aida Minamoto

【関連記事】

【年齢別】本当に、ベストな睡眠時間はコレ!健康のリスクが睡眠に!?

【米国発】夫婦喧嘩の原因は睡眠不足!ストレスで炎症が悪化する!

検索 睡眠時間 【注意】寝過ぎでボケる?認知症のリスクが上がる睡眠時間はコレ!

世界もびっくり!働きすぎ?「日本人の睡眠時間」が世界最下位!?

イマスグできる0円「ダイエット」睡眠時間でカンタンに痩せる!

 

【参照元】

Nathaniel Fletcher Watson M.D. | UW Medicine

American Academy of Sleep Medicine – Association for Sleep

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ