【米国発】夫婦喧嘩の原因は睡眠不足!ストレスで炎症が悪化する!

夫婦喧嘩に悩んでいませんか?最近、夫婦喧嘩が多いと感じている人は、原因から直しましょう。アメリカのオハイオ州立大学が行った研究で、睡眠不足により夫婦喧嘩になりやすく、ストレスで炎症が悪化することもわかりました。詳細をチェックしましょう。

 

意外と知らない炎症の意味ってナニ?

Team of dentist and nurses dental surgery

炎症の定義?

 炎症は、異物や死んでしまった自分の細胞を排除して生体の恒常性を維持しようという反応と考えられます。例えば細菌やウイルス(一種の異物です)が体の中に侵入しようとした時に、さまざまな細胞などの生体内成分がその排除に働いた結果が炎症性反応です。それらの反応の中には、予め体の中に用意されている直ちに働く成分による反応と、やや時間をかけて一旦その異物の構成成分を解析してから強力に攻撃する時に後から作られる成分による反応があります。
 前者の反応が開始するのに重要な成分として、ヒトには存在しない細菌やウイルスの構成成分を認識するセンサーが、あらかじめ体の中に存在することが、最近になって分かってきました。
 そのセンサ-が感知する細菌やウイルスの構成成分による刺激のことをDanger Signalと呼んでいます。細菌やウイルスが体の中に侵入すると、そのセンサーが感知し防御反応が始まるのです。<引用元:炎症の起こる理由

 

doctor and patient

身近にある炎症

炎症は、私たち人間が持っている自然免疫反応です。炎症で、傷の治癒や病原菌を抑制しています。例えば、風邪を引いて喉が痛いときに、お医者さんに行くと「ああ、喉が炎症していますね」って、診断されることがあると思います。炎症は健全な組織も傷つけてしまうので、炎症を抑えるお薬が処方されたり、冷やしたり措置をとりますよね?それは、炎症症状で健全な組織を傷つけてしまうからです。

 

Man having a back pain

慢性的に炎症する?

感染症、傷、怪我などがないときに、慢性的に炎症した状態が続くと、健康被害になりかねません。慢性的な炎症は、ガン、糖尿病、心臓疾患、リウマチ、うつ、アルツハイマー病などの原因になるとされています。

 

Knee pain

慢性的な炎症の原因?

慢性的に炎症が起きる原因は、体内に残っている病原体、有害物質、免疫異常、運動不足、肥満、遺伝、加齢などです。偏った食事も慢性的な炎症の原因になります。

 

夫婦喧嘩の原因は睡眠不足!ストレスで炎症が悪化する!

Mad aggressive young woman shouting and fighting with her husband

学会誌『Psychoneuroendocrinology』2017年6月に発表されたオハイオ州立大学の研究結果で、

  1. 睡眠不足により夫婦喧嘩になりやすい
  2. 夫婦喧嘩で炎症が生じやすくなりやすい

ことがわかりました。

Doctors looking at x-ray

研究方法

<被験者>

43ペアの夫婦を被験者とし、86人を対象に行いました。

 

<研究方法>

  • 睡眠状況に関するアンケート調査
  • 炎症症状をチェックする血液検査
  • 夫婦間にある問題を話し合いで解決してもらう

Young science workers research at medical lab

研究結果

睡眠不足の人は、夫婦喧嘩で口論になったとき炎症反応が通常よりも増大しました。

睡眠時間が1時間減るごとに、炎症症状を示す血中濃度が6%増加。激しい口論の場合は、10%増加。

 

この結果から、睡眠不足だと炎症症状が悪化しやすいということがわかります。

argument-238529_640 (1)

夫婦の二人ともが7時間未満の睡眠時間の状態を2日間続けると、激しい口論に発展し、敵対的な態度になることが増えました。

 

夫婦の1人でも十分に睡眠時間をとっていれば、理性的な話し合いができ、大きな夫婦喧嘩に発展しない可能性が低くなりました。

 

実験を行った動画はここからチェックできます(英語のみ)

 

実際に、喧嘩が多いカップルが出てきて、実験に参加した様子が動画からわかります。英語音声のみなので、英語の聞き取りをしたい人は、Youtubeの字幕設定をONにすると英字の字幕が出ます。

 

夫婦喧嘩が増えたと思ったら?睡眠不足を解消しましょう!

Doctor with pills

夫婦喧嘩が増えると原因を解消しようと思って、いろんなことを試すと思います。怒りっぽくならないように、サプリを飲んでみたり、カウンセリングを受けたり、友人に相談したりなどをする前に、夫婦の睡眠時間を気にしてみましょう。

 

Lovely couple in bed, focus on feet

夫婦は、お互いの睡眠環境に影響されやすいので、どちらか一方が寝ているケースの方が稀です。夫婦喧嘩が増えていると感じたら、睡眠時間を7時間以上とるように、努力してみましょう。たくさん寝ることで、夫婦喧嘩も減り、炎症症状も鎮静します。

 

快眠で幸福度をあげましょう。

Aida Minamoto

【参照】

Psychoneuroendocrinology

Study: Lack of sleep + spat with spouse = potential health problems

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ