【解消法】睡眠不足で太る?睡眠の質を改善して楽チン!ダイエット

睡眠不足の日は、頭痛や腰痛に悩まされたりする人は多いですよね。その睡眠不足がダイエットにも関係するって知ってました?2017年5月に開催されたヨーロッパ内分泌学会で発表されて、話題になっています。

 

情報元になった『ヨーロッパ内分泌学会』ってなに?

doctor-563428_640

『内分泌学』ってナニ?

大きな総合病院に行くと、『内分泌科』が用意されていますよね。最近、良く聞くようになってきた『内分泌』は、内分泌器と呼ばれる臓器から出てくるホルモンのことです。ホルモンバランスが崩れると病気の原因になったりします。その内分泌器を含む内分泌系を扱う学問を内分泌学と呼びます。

人の内分泌器って?

Illu_endocrine_systemヒトの主要な内分泌腺
(右側が女性、左側が男性)、
1松果体
2下垂体
3甲状腺
5副腎
6膵臓
7卵巣
8精巣
なお、4胸腺は内分泌腺ではない。<引用元:内分泌器

内分泌学を研究することで、これまでにわかっていなかった病気の原因が解明されるので、注目されている学問です。内分泌学は、世界各国で研究されていて、日本やアメリカ、ヨーロッパでは定期的に学会が開催されています。

frontpostcard

2017年5月20日から23日でヨーロッパ内分泌学会が、ポルトガルのリスボンで開催されました。

European Society of Endocrinology

ヨーロッパで権威のある学者が集まって、それぞれの研究結果を発表する会です。そこで、注目を浴びたのが、スウェーデンのウプサラ大学(Uppsala University)が発表した「睡眠の質の改善がダイエットに有効」という結果です。

 

睡眠の質の改善がダイエットに効果的!

Team of dentist and nurses dental surgery

スウェーデンのウプサラ大学(Uppsala University)の研究チームは、以下の通り発表しました。

睡眠不足の人は?

  • 一度の食事量が多く必要
  • 普段よりも多くのカロリーを好む
  • 普段よりも食べることで幸福度を感じる
  • 消費カロリー(基礎代謝量)が落ちる
  • ホルモンバランス異常で、満腹感を感じない
  • ホルモンバランス以上で、空腹感が増す
  • 腸内細菌バランスが崩れて、代謝異常を引き起こす可能性が上がる

研究チームは、「睡眠不足は体重増加を促進すると考えられます。睡眠の質を改善することで、ダイエットにも有効だと」述べています。

 

睡眠不足で太る?睡眠の質を改善して楽チン!ダイエット

Side view portrait of attractive sporty woman over pink background

ダイエットって聞くとどんなイメージがありますか?無理な食事制限や激しい運動。

「ダイエットをしよう!」と思っても、続かないのは、無理があるからです。痩せたいなら、続けられるダイエットが効果的です。

 

そこで、試して欲しいのが『睡眠ダイエット』です。

睡眠ダイエットは、本当にカンタンです。寝るだけです!

810-9129-63-165

しっかり寝るだけで、1時間の軽いジョギング分のカロリーを消費することができます。

 

正しい睡眠をとると、“成長ホルモン”が分泌されます。成長ホルモンは、私たちの身体のダメージを回復させてくれます。成長ホルモンは、筋肉を作り、脂肪を燃焼させ、お肌の調子も整えてくれるんです。この成長ホルモンの働きで、1時間あたり男性で50kcal、女性で40kcalもカロリー消費があります。

 

毎日、7時間効果的に眠ったら、女性の場合は

7時間 × 40kcal=280kcal (日)

ゆっくり1時間ジョギングするのと同じカロリーを消費します。

しっかり「寝るだけ」を毎日続けたら、痩せますよ。

 
睡眠ダイエットを詳しく開設した記事はここから、

お医者さんも認めた「睡眠=ダイエット」を守って、健康もキレイも手に入れましょう。

Aida Minamoto

 

【参照】

European Society of Endocrinology

Candidate mechanisms underlying the association between poor sleep and obesity

サブコンテンツ

このページの先頭へ