成人の5人に1人、1500万人~2000万人が睡眠改善の悩み有り

居眠りする日本人女性

日本では成人の5人に1人、1500万人~2000万人不眠症で悩まされています。

原因は多様化する仕事で生活リズムが乱れるライフスタイルの変化や飲酒、寝る直前までスマホを維持って脳に刺激を与えている、生活環境や職場でのストレスなど様々です。

不眠症の定義、症状

不眠症の定義

不眠の定義は、1か月以上よく眠れない・寝つきが悪い・寝てもすぐに覚醒するといった症状が続くことです。

脳は基本的に眠っているときも活動していますが、「眠りにつく」ということで副交感神経が働きカラダをリラックスさせ疲労回復させる働きをします。

この「眠りにつく」ことができない状態は副交感神経が機能していない状態なので、脳もカラダも常に慢性の疲労感を感じるようになるのです。
疲労が蓄積されると、精神面が不安定になりやすく「焦りや・不安・ネガティブ思考・いらだち」を感じやすくなってしまいます。

不眠症は、他の精神症と並行しやすいので、寝つきが悪く感じ体調に異変を感じたら速やかに医師に相談し、あなたの症状にあった睡眠薬を処方してもらいましょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ