【保存版】今夜から絶対に「いびき」をかかない!いびき防止方法5つ

意外と自分では気づかない「いびき」。旅行先で友人から指摘されたり、家族やパートナーに注意されて、気づく人が多いようです。“いびきをかいている”自覚がないと恥ずかしいし、早く治したいですよね。そんな時に、試したいいびき防止方法5つを紹介します。今夜からは、イビキをストップしましょう。

 

「いびき」かいてるのかな?自分で調べる方法

夢遊病 睡眠

一人で寝る機会が多いと、自分が「いびき」をかいているかどうかわかりません。急な出張や旅行先で恥ずかしい思いをしないためにも、自分が「いびき」をかいているかどうかを調べましょう。「私は大丈夫!」と思っても、調べることをお勧めします。意外なことに、3人に1人は、いびきをかいているんです。まずは、いびきチェックです。

 

詳細はこちらの記事から

【無料】お医者さん推薦!スマホアプリで「いびき」チェックしよ!

 

今夜から絶対に「いびき」をかかない!いびき防止方法5つ

Drinking A Glass Of Wine In A Club Or Bar

1.お酒を飲まない

アルコールを飲むと、リラックスした感じがしませんか?それは、筋肉もリラックスするからです。アルコールを飲むと、舌や喉の筋肉も緩みます。舌や喉の筋肉が緩むと、空気の通り道が狭くなるので、いびきになりやすいのです。

 

 

どうしてもお酒を飲みたい人は、早めに飲むか少量にするようにしましょう。それだけで、いびきが改善します。

 

 

Man waking woman lying in bed sleeping

2.横向きに寝る

上むきに寝ると気管が圧迫されるので、「いびき」をかきやすくなります。一緒に寝ている人が「いびき」をかき始めたら、横向きにしてあげましょう。「いびき」が治ります。

 

パートナーの「いびき」が気になって眠れない人は、本人に強く言うのは避けましょう。悪意があるわけじゃないので、一緒に治していく気持ちを持つとお互いにストレスになりません。

 

Man lying in bed sleeping

3.鼻呼吸にする

普段の生活で自分の呼吸をチェックしてみましょう。口呼吸になっている人は、鼻呼吸を意識しましょう。日常的に口呼吸に慣れていると、眠るときも口呼吸になります。眠っているときは、舌が下がるので、気管が細くなり、いびきの原因になります。

 

Female model sleeping on her bed

4.低めの枕を使う

高めの枕を使うと首や肩の筋肉がこわばって、喉も圧迫されるので、気管が狭くなり「いびき」の原因になります。横向きに寝てみて「ちょっと低いけど、心地いい」と感じる低めの枕を使いましょう。

 

 

5.いびきスプレーを使う

アメリカで開発された『いびきスプレー』です。筆者は、いびきをかくので友人と旅行に出かける時には、これを持って行きます。

ヘルプ ストップ スノアリング スロート スプレーは、ペパーミント、レモンピールなど11種のハーブや天然エッセンシャルオイルを配合しています。これらのナチュラル成分が、いびきで恥ずかしい思いをしている方のお休みタイムを応援します。

いびきの原因は、睡眠時にのどの筋肉がゆるんで気道を狭くし、振動が音になるといわれています。ハーブや植物オイルが空気の流れをスムーズにし、喉の振動を少なくするサポートをします。本人はもちろん、いびきは周りの方の睡眠を妨げ、申し訳ない思いをすることもありますよね?のどの奥にシュッとスプレーするだけでいいので、周りの目を気にせず気軽に使用できます。就寝前にスプレーして、さわやかな朝を迎えましょう。
<引用元:楽天市場

 

まとめ

50-02

いびきは、気管が細くなって起きます。

正常な状態の気管で(写真:太い)呼吸をして、睡眠中も体に酸素を送り続けるのと、

気管が細くなって(写真:細い)呼吸をして、睡眠中に体に酸素を送り続けるのは、どちらが大変でしょう?

 

気管が細くなった状態では、体に十分な酸素が行き渡りません。しっかり、睡眠時間をとったのに、「なんだか疲れが抜けない」と思ったら、「いびき」を疑いましょう。酸欠状態では、体が十分に休めません。たかが、イビキと思って放置すると、睡眠の質が低下して、日常生活に支障をきたします。

 

快眠を得るためには、まずは自分の睡眠の状態をチェックしましょう。

【無料】お医者さん推薦!スマホアプリで「いびき」チェックしよ!

 

Aida Minamoto

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ