痒くて眠れない?それは布団のダニ対策が原因!?スグ効く方法3つ

痒くて眠れない?それは、アナタのお布団にいる“ダニ”が原因かもしれません。「天日干し」、「干して布団を叩く」などの対策は、実は完璧じゃないんです。間違いだらけのダニ対策でアトピーや蕁麻疹になってしまう前に、ダニを駆除しましょう。スグに効果がある方法3つを紹介します。

 

痒くて眠れない?それは布団のダニ対策が原因!?

fotolia_96140439_xs

昼間は普通なのに、寝ようとすると身体中が痒くなることってありませんか?痒くて、痒くて、眠れない。イライラしますよね。

 

寝るときに痒くなるのは、布団に潜んでいる“ダニ”が原因かもしれません。『かゆいくらい大したことじゃない』と考えているとアトピー性皮膚炎や蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、喘息を引き起こす原因にもなるんです。

 

布団を干しして、叩いたら“ダニ”がなくなると思っているなら、それは完璧じゃないんです。意外と知られていない正しいダニ対策を知って、痒みの元を断ち切りましょう。

 

防ダニ布団も効果あり!

 

ダニ対策を定期的にするのも大切ですが、“防ダニ”“抗菌”のお布団を選ぶのもオススメです。

 

 

痒くて眠れない?それは布団のダニ対策が原因!?間違いだらけの対策?

dryskin-kayumi

布団干しが効果ない?

布団を干して、ダニが駆除できたと思っているなら間違いです。ダニは50度で死滅するので、太陽光で干しただけでは、不十分です。冬の日差しが弱い時期や寒い地方では、布団を干しても50度には届かないので、ダニは駆除できないんです。

 

布団叩きが効果ない?

布団には、ダニが32万匹潜んでいると言われています。布団を叩いただけで、32万匹全てのダニを駆除することは難しいです。さらに、布団を叩くことで、空気中にダニの死骸やフンが充満して、アレルギーの原因になります。

 

対策1.スチームアイロン

iron-1178062_640

家庭用のスチームアイロンを使って、ダニを駆除できます。

<必要なもの>

・スチームアイロン

・当て布(湿らせたタオル)

・掃除機

 

<方法>

  • 湿らせたタオルを当て布にして、布団をカバーします(焦げ防止)
  • スチームアイロンのスチームを布団にかけます。
  • 一つのエリアに5秒程度を目安にしてください。
  • アイロンを布団に、頭の方から足へかけていきます
  • 掃除機をかけます(ダニの死骸や卵の駆除)

 

対策2.ホットカーペット

91Jf2oDyBRL._SL1500_

お家にあるホットカーペットに、ダニ機能がついている場合は、それを使いましょう。ホットカーペットの上にお布団を広げて、両面が熱くなったら完了です。ホットカーペットを終えたら、掃除機をゆっくりかけましょう。(ダニの死骸や卵の駆除)

 

対策3.布団乾燥機

273076_9-p

布団乾燥機を使って、ダニを駆除する方法です。

カビやホコリ対策にも使えるので、1つあると便利です。ダニ駆除機能を使って、布団を熱したら掃除機をかけます。(ダニの死骸や卵の駆除)

 

痒くて眠れない?それは布団のダニ対策はどのくらいの頻度で?

HOTE86_oyasumitime15234156_TP_V

理想的なお布団のお手入れ頻度は、1週間に1度ペースです。

ダニの寿命は、2〜3ヶ月サイクルです。ダニは、平均1日に3個程度の卵を産み、2週間程度で成虫になります。1週間に1度ペースでダニ駆除ができるると、痒みやアレルギーを防げます。

 

また、眠るときには、布団カバーと皮脂が直接つかないようにすると、ダニの繁殖を抑えることができます。布団とアナタの間に、タオルや手ぬぐいなど1枚入れておくだけで、違います。ダニは、人間の皮脂やフケをエサにして繁殖するので、布団を清潔に保つのは重要です。

 

ダニは、高温多湿でより繁殖するので、湿気がこもらないように、寝室の換気も定期的に行いましょう。健康的なお布団で健康に眠りたいですね。

Aida Minamoto

 

 

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ