放っておくと危険!?大人の夢遊病の原因や症状について徹底解説!

こんにちは、睡眠探偵です(^^♪

年も明けて、そろそろ落ち着いてきたころでしょうか。
年末年始はゆっくり休めましたか?
今年も、きちんと睡眠を取って毎日元気に過ごしましょう♪

夢遊病 大人
ところで、この記事を見てくださっているみなさんは「夢遊病」ってご存知ですか?
「夜中に歩き回るやつでしょ?!」
と思った方も少なくないと思います。
ですが、実は大人の夢遊病は、もっと深刻で立派な病気なんです!
今回は、そんな「夢遊病」について書いていきます。
この病気は他人事ではありません!是非読んでくださいね☺

Sponserd Link

夢遊病とは?

夢遊病 子ども
「夢遊病」とは、専門的には「睡眠時遊行症」と呼ばれ、睡眠時に発作的に起こる異常行動のことを指します。
10歳未満の子どもにはよくみられる症状で、思春期を迎えるころに自然になくなることがほとんどです。
具体的な症状は人によってさまざまですが、代表的なものは「深夜に部屋を歩き回る」ではないでしょうか。

ですが夢遊病にはもっと色々な症状があり、
冷蔵庫を漁り食事をすることもあれば、なんとお部屋で排尿をしてしまったり…
自分が普段していて身体が記憶している行動を起こすことが多いです。
このような一連の行動はノンレム睡眠中に起こります。

レム睡眠とノンレム睡眠って?

レム睡眠とは
  • 眠りが浅い状態で、体は眠っているが脳が動いている
  • 筋肉の疲労を回復できる
  • ちょっとしたことで目が覚めやすい
  • 脳が動いているので、レム睡眠中に目が覚めるとすっきり起きられる
  • 夢はレム睡眠中に見る
ノンレム睡眠とは
  • 眠りが深い状態で、身体も脳も休んでいる
  • 筋肉は動いている
  • ストレスを解消している

「夢の中でした動きをしてしまっている」と勘違いされやすい夢遊病ですが、
ノンレム睡眠中に夢をみることはとても珍しいことなので、この可能性はとても低いのです。

また、この時本人の目は開いているので自分がしている行動を見てはいるようですが、それが正常か異常かの判断力が欠如しています。
放置していてもほとんどの場合は自力で寝床に戻り、正常な睡眠に就くことができます。
ですが、翌朝本人は自分がしていたことを一切覚えていません。

mig

部屋の中を歩く程度であればさほど気にしないかもしれませんが、
ドアを開けて部屋の外へ出てしまったり、トイレ以外で排泄をしてしまうレベルになると心配になりますよね。

Sponserd Link

子どもの夢遊病と大人の夢遊病

子どもの夢遊病

子どもの場合、自力で歩くことができる年齢になると誰でもなる可能性があります。
子どもが夢遊病になる確率はほかの睡眠障害と比べてもかなり高く、17%ほどと言われています。
発症するピークは4~8歳ですが、ほとんどは成長するにつれて消滅していきます。
子どもが夢遊病になりやすいのは、脳の一部がまだ発達途中であることが関わっているそうです。
また、夢遊病には遺伝もあるようで、両親のどちらかが夢遊病であると、その子どもの約半数は同じく夢遊病になるという報告もあります。
夢遊病 子ども 遺伝

子どもの夢遊病は先述の通り脳の発達が大きな要因のため、特に気にする必要はありません。
ですが、部屋からも出てしまうようだと危険なので、治療を検討したほうがいいかもしれません。

大人の夢遊病

夢遊病 大人
子どもの夢遊病に比べ、大人の夢遊病はしっかりとした治療をすることを推奨されます。
大人は子どもに比べて複雑な行動(運転や料理など)ができてしまうため、けがをしたりするリスクが高まります。
また、大人になり脳が発達した状態で発症した夢遊病は、子どものように自然に治まることはほとんどありません。
ですので、きちんと原因を考えて治していく必要があります。

夢遊病になる主な原因は?

夢遊病になるメカニズムや明確な原因はわかっておりません。
ですが、考えられる要因としては

  • ストレス
  • 過度なアルコール摂取
  • 睡眠環境
  • 騒音や光などの刺激
が挙げられます。
これらほとんどは、今まで睡眠探偵にてご紹介した睡眠を妨害する原因でもありますね。
このように、眠りを浅くしたり眠りの質を下げてしまうことは夢遊病にも良くないようです。

夢遊病 睡眠

普段からストレスを溜め込んでいる方や、寝る前にアルコールを摂取してから床に就く方は注意が必要です。
実際に、飲み会などで過剰な飲酒をしたときのみ夢遊病を発症するケースもあるようです。
やはり睡眠前のお酒は大敵なんですね(´-ω-`)

夢遊病を治したい!

夢遊病は、睡眠時遊行症という名の通り睡眠障害のひとつとされています。
症状がひどいようであれば、睡眠外来などの睡眠専門のクリニックの受診をおすすめします。
睡眠に関する診断は、基本睡眠専門クリニックでないと正確な判断ができません。
近くにそういったクリニックがなかったり、夢遊病の原因を排除するためには心療内科の受診が良いでしょう。

夢遊病 病院 診察

夢遊病治療には、主にベンゾジアゼピン系の睡眠薬や抗鬱剤が処方されます。
ですが原因がストレスであった場合は、そのストレスを軽減したりストレスの原因を断つ必要もあります。
服薬することで対処療法にはなりますが、根本の解決にはなりません。
飲酒をするようであれば量を減らしたり、ストレスを発散したり、根本原因を断つ努力をしてみましょう。

Sponserd Link

まとめ

では、今回の記事のまとめです(´っ・ω・)っ

✓ 夢遊病とは、睡眠時に発作的に起こる異常行動のこと
✓ 子どもの夢遊病はそのうち治るが、大人の夢遊病は治療が必要
✓ 発症の主な原因はストレス負荷や飲酒
✓ 睡眠専門のクリニックを受診すると◎

普段からストレス発散や、酒量の調整をしながら質の良い睡眠を取れるように心がけましょうね!
今年も毎日元気に過ごしましょう♪
引き続き睡眠探偵をよろしくお願いします!

サブコンテンツ

このページの先頭へ