【保存版】寝るだけで痩せる!正しい「睡眠ダイエット」5つのルール

辛い運動や食事制限は長くは続けられませんよね。ダイエットしたいけど、運動や食事制限はしたくない。でも、痩せたい。そんなアナタにもできるのが、寝るだけで痩せる「睡眠ダイエット」です。毎日、正しいルールを守って寝て、楽チンに痩せましょう。

 

■:寝るだけで痩せる!正しい「睡眠ダイエット」って何?

scale-403585_640

 

正しい睡眠をとると、“成長ホルモン”が分泌されます。成長ホルモンは、私たちの身体のダメージを回復させてくれます。成長ホルモンは、筋肉を作り、脂肪を燃焼させ、お肌の調子も整えてくれるんです。この成長ホルモンの働きで、1時間あたり男性で50kcal、女性で40kcalもカロリー消費があります。

 

毎日、7時間効果的に眠ったら、女性の場合は

7時間 × 40kcal=280kcal (日)

ゆっくり1時間ジョギングするのと同じカロリーを消費します。

しっかり「寝るだけ」を毎日続けたら、痩せますよ。

 

■:寝るだけで痩せる!正しい「睡眠ダイエット」ルール1

bedroom-1006526_640

「深夜0時~朝7時」睡眠!

成長ホルモンの分泌が最も活発になるのが、この0時〜7時。このゴールデンタイムに起きているのは、もったいないですよ。睡眠不足になると、成長ホルモンのバランスが崩れ、基礎代謝も落ちて、痩せにくい身体になります。

 

睡眠不足から、ピザ・ハンバーガーが食べたくなってしまうことも判明しています。

(参照記事)肥満大国アメリカ発信!睡眠不足で「ジャンクフード」が食べたくなる!?

痩せたいと思っているなら、まずは睡眠不足を解消しましょう。十分な睡眠で食欲を抑えて、脂肪を燃焼させましょう。

 

■:寝るだけで痩せる!正しい「睡眠ダイエット」ルール2

office-583839_640

液晶画面NG!

ついつい寝る前に、パソコンやスマートフォンを触ってしまう人は、要注意です。画面から受ける刺激で脳が覚醒して、ゆっくり休むことができません。就寝前の2時間は触らない。離れた場所で充電するなどルールを決めて、快眠しましょう。

 

■:寝るだけで痩せる!正しい「睡眠ダイエット」ルール3

coffee-1159011_640

カフェインNG!

カフェインは、脳を覚醒させる働きがあるので、就寝前はNG!です。冷たいコーヒーやカプチーノでも、カフェインは含まれています。リラックスしたいなら、就寝前はデカフェ(カフェイン無しコーヒー)やハーブティーを飲みましょう。

 

※緑茶や紅茶にもカフェインが含まれています。

 

■:寝るだけで痩せる!正しい「睡眠ダイエット」ルール4

eat-1237431_640

油っぽいディナーNG!

睡眠ダイエットで効果的に、脂肪を燃焼するには、ディーナーは腹八分目にしましょう。ビザ、ハンバーガー、ラーメンなどの油っぽい食事は、消化に時間がかかるので、どうしても食べたい時は、ランチにしたり工夫をしましょう。

 

ディナーは、消化に良い食事に切り替えましょう。和食、サラダ、汁物(うどん、そば)などがオススメです。

 

■:寝るだけで痩せる!正しい「睡眠ダイエット」ルール5

honey-1006972_640

「はちみつ」スプーン1杯!

はちみつには、成長ホルモンの分泌を促す効果があるので、寝る前にスプーン1杯の「はちみつ」を舐めましょう。風邪予防や美肌効果も期待できるので、オススメです。

 

寝るだけで、痩せる!カンタンなダイエットですが、きっちり5つのルールを守れば、気づいたらスリムになっていますよ。正しい生活リズムで、素敵な身体を手に入れましょう。

 

Aida Minamoto

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ