その不眠諦めないで!ビル・ゲイツ流「短時間」睡眠で成功者になる?

世界で最も成功している有名人『ビル・ゲイツ』。Microsoft創業者で、現在では「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の共同会長を務めている彼が多忙なのは容易に想像できますよね。彼が開発に没頭していた時には、“不眠症(スリープレス)”とあだ名がついていたほど。「短い睡眠時間でも成功者になれる?」不思議な秘密を明かしましょう。

 

■:ビル・ゲイツから学ぶ「不眠症」でも成功者になるには?

reading-1567669_640

ビル・ゲイツは、毎日、1時間本を読むことが習慣になっているそうです。彼は、The Seattle Times.にこう語っています。「寝付くための習慣みたいなものだよ」しかし、1時間以上の読書時間になってしまうことも時々あるようです。

「本が好きな人ならわかるだろ。もし、面白い本に出会ったら、眠るの難しくなるじゃないか」

寝る前の読書がポイントです。

 

Sponserd Link

 

■:ビル・ゲイツから学ぶ「不眠症」の読書のススメ!

paper-1100254_640

眠れないから、本を読むのではなくて、寝る前の習慣にしてしまうことで、知識を得ることができるんです。“睡眠学習“って言葉は、本当なんです。寝る前に知識を入れて、休むことで“知識”が脳内に整理されるので、本を読むなら就寝前がいいんです。

 

■:ビル・ゲイツから学ぶ「不眠症」の読書の本は?

cute-164323_640

自分の好きな本なら、なんでもいいと言いたいところですが、寝る前に読む本は、シンプルな内容にしましょう。論理的な本や何かを考えなくてもいけない内容は避けて、知識を入れるような本がいいですよ。睡眠学習に効果があるのは、記憶力を使うものです。例えば、英語の単語や資格取得の本がおすすめです。

 

ビル・ゲイツが読んだ本に興味がある人は、彼のブログでオススメ本を紹介しています。

Books page.

 

■:ビル・ゲイツの睡眠習慣の変化

248b4455a79c1ac8ed9f6dce357bd58b

ビル・ゲイツが若かった時は、1日2〜3時間の睡眠時間でした。「良いものを作る!」と彼の仕事の情熱で不眠でも辛くなかったと語っています。現在は、12時から7時の7時間睡眠です。「深夜、起きているのは楽しいんだけど、目が充血してしまうし、クリエイティブに仕事をするには、7時間が必要なんだ」と短時間睡眠から変化しています。

 

不眠症で悩んでいる人は、眠れない時間を楽しむようにしましょう。読書の時間ができたと思って、“趣味の本”や小説を読んだり、勉強の時間にしましょう。いつの間にか、ストレスが消えて、眠ることがカンタンになりますよ。

 

Aida Minamoto

 

 

【参照】

entrepreneur.com

CBS News

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ