世界もびっくり!働きすぎ?「日本人の睡眠時間」が世界最下位!?

toddler-1245674_640

 

最近、ちゃんと寝てますか? 仕事が忙しくて、睡眠時間が短くなっている人は、要注意ですよ。世界的にみても、短い睡眠時間の日本人。それって本当なの? アメリカのミシガン大学の研究チームが100カ国を対象に調査を行った結果が発表されました。早速、チェックしていきましょう。

 

■:日本人の「睡眠時間」が最下位?

l_kf_sleep_01

 

 

アメリカのミシガン大学の研究チームが睡眠時間を調査するアプリ『ENTRAIN』を使って、対象国100カ国・数千人以上の就寝時刻や起床時刻のデーターを集めました。

各国の“平均睡眠時間”を調査した結果、日本とシンガポールが7時間24分と最下位になりました。また、最も長く眠っているのは、オランダの8時間12分でした。

 

Sponserd Link

 

■:年齢・性別でみる日本人の「睡眠時間」は誰が最下位?

l_kf_sleep_02

年齢・性別でみると最も眠っていないのは、働き盛りの中年男性で7~8時間を下回っている人が多いことがわかりました。女性は、男性よりも睡眠時間が長い傾向にあり、全体の平均時間にすると30分以長いこともわかりました。

また、室内で働く人は、屋外で働く人よりも睡眠時間が短くなる結果も出ています。

 

■:日本人の「睡眠時間」を長くするには?

bridge-1454783_640

 

同チームの研究によると「社会的なプレッシャーによる影響が強く、体内時計の働きが弱まることで就寝が遅くなり、睡眠時間の減少につながる」という報告が上がっています。体内時計が狂ってしまうと疲れているのに眠れない夜が続いたり、不眠症になってしまいますよ。

 

健康的に仕事を続けるには、ワークライフバランスが大切ですよ。週に1度は『No残業デー』を決めるなどして、家族でお散歩する時間を作ったり、趣味を楽しむ時間にしませんか? 仕事が忙しくても睡眠時間を確保して、健康的に過ごしましょう。

 

 

【参照】

Smartphones uncover how the world sleeps

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ