時差ぼけから「睡眠障害」になる!?飛行機で必ず寝るグッズ5つ

wing-221526_640

海外旅行は好きですか?  最近、海外出張・海外旅行に行く人が増えましたよね。旅行先で楽しい時間を過ごして、日常生活に戻るためには、“時差ぼけ”対策が必要なんです。往復の飛行機の中でしっかり眠ると、“時差ぼけ”の症状が軽減できるんです。

 

時差ぼけから、睡眠障害を起こして“不眠症”になって、睡眠薬を飲んだり、眠れない時間を過ごすのは、楽しくないですよ。海外出張が多い筆者がこっそり教える飛行機で必ず眠れる5つのグッズを紹介します。

 

不眠症を防ぐためには『アイマスク』


51dcxy0qiil-_sl1000_

長いフライトになると飛行機は、消灯時間で暗くなります。しかし、隣に座った人が読書ライトを使ったり、パソコンを使ったりすることは、避けることはできません。アイマスクがあれば、暗さが確保できるので、眠りやすくなるんです。

 

海外旅行に持っていく「アイマスク」は軽い素材で、しっかり遮光できるものを選びましょう。帰国しても使えるので、1つイイものがあると便利ですよ。

筆者のオススメは、こちらの「アイマスク」

PLEMO立体型睡眠アイマスク 軽量・究極の柔らかシルク質感 睡眠、旅行に最適 (フリーサイズ) EM-452

 

不眠症を防ぐためには『トラベルピロー』

61la8buxzl-_sl1020_

機内の中では、知らない人と隣どうしになることもありますよね。これが知らない間に、筋肉を緊張させて、肩こりや痛みを引き起こす原因になるんです。『トラベルピロー』は、筋肉弛緩を促して、しっかりと首を安定させてくれるので、導入睡眠に効果があるんです。

 

旅行用だけではなく、長距離ドライブをした時やデスクワークをした後に使うこともできるし、空気を入れるだけなので、場所もとりません。

筆者オススメの『トラベルピロー』

Greenery ポータブルスピードインフレータブル枕 エア枕 大口径ガスノズル ビロード 空気枕 旅行 アウト オフィス用 家用 車用 頸椎を保護する枕 ネックピローU字型 インフレータブル枕 クッション

 

不眠症を防ぐためには『耳栓』

61ac6n2skgl-_sl1422_

機内で眠れない原因は、雑音。隣の人の咳払い・アラームの機械音・風の音などが気になって眠れない。わかります。でも、『耳栓』があるだけで状況はかなり違います。自分で熟睡したつもりでいても、起きたらすごく疲れていることってないですか? それは、脳が完全に眠っていないんです。脳が小さな音を拾うので、熟睡はできないんです。

 

パソコンのスクリーンセーバーで省電力モードにしても、パソコンは100%休めていませんよね? パソコンは使い終わったら、電源を消して休ませるのが正解です。人間の体も同じことです。耳栓は、電源を消してしっかり休ませてくれるんです。耳栓をして眠った後の疲れは全く違うので、普段から使いたいアイテムです。

サイレンシア Sサイズ 2ペア携帯ケース付き

 

不眠症を防ぐためには『マスク』

812ohioighl-_sl1500_

機内は空調調整をしているので、常に乾燥している状態です。乾燥している状態で、汚れた空気に長時間いると、旅先や帰国した時に体調を崩してしまいますよ。乾燥を防ぐためにもマスクは効果的です。保湿効果があるものを選ぶといいですよ。

マスクは、普段使いにも効果的ですよ。人は、疲れていると口呼吸で眠ってしまうので、『マスク』があると安心です。

機内用 乾燥から守る! 新ハイテク 保湿マスク 2枚入り 537

 

不眠症を防ぐためには『ブランケット』

person-1244291_640

ブランケットを2つ使って、上半身と下半身を包むようにしましょう。包まれている安心感と睡眠中の体温低下を快適に過ごせるんです。特に、足回りをしっかり温めておくと、途中で目が覚めませんよ。通常のシートには、ブランケットは1つだけなので、キャビンアテンダントさんに聞きましょう。無料でもらえるブランケットがもう1つあるだけで、睡眠の質が変わりますよ。

 

(聞き方)

「Excuse me , Do you have an extra blanket I could use please?」

「すみません。もう1つブランケットを貰えませんか?」

 

 

いかがでしたか?

時差ぼけが原因で、睡眠障害や不眠症になってしまったら、楽しい旅行が台無しにになってしまいますよ。しっかり準備をして、機内で眠って“時差ぼけ”を防ぎましょう。

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ