その「不眠」の原因は考えスギじゃない?5分でできる解消法

bed-945881_640

最近、悩んでいますか? 気づいたら眠れない日が増えた。考え過ぎていませんか? 考えすぎてストレスから、“不眠”になっているなら、それって自分で治せますよ。アメリカで心理学を学んだ筆者がこっそり教える5分でできる解消法を試してみましょう。

 

考え過ぎの「不眠」から抜け出す準備をしよう

worried-girl-413690_640

疲れているはずなのに、ベッドに入ると悩みが頭を支配して、悪い方向に考えてしまうことってありますよね“不眠”が長く続くと、精神的にも肉体的にも弱ってしまうので、悩んでいると感じたら、すぐに対処するのがオススメです。

「でも、悩みは消えないよ?」わかります。魔法を使うように、すべての悩みは消えませんが、考え方を変えるだけで、楽になるんです。

 

考え過ぎの「不眠」の解消法って?

coffee-1246511_640

まずは、悩みの原因と向き合うことから始めましょう。

 

<必要なもの>

・紙

・ペン

自分が悩んでいること、不安に思っていることを紙に書いて、リストを作ってみましょう。

悩んでいる時には、必ず理由があります。それは、あなたの心の声で、自分を守ろうとする心理なんです。何かを失敗したら、自然に「ああ、仕方がない。だって、○○だから」が出てくるんです。どんな小さな悩みでも、リストを作りましょう。

 

(リストの作り方)

1.      悩みを書く

2.      理由を書く

 

例えば、

「婚活がうまくいかない」(悩み)

『だって、太っているから』(理由)

 

Sponserd Link

 

「不眠」の原因の考え過ぎを消す!?

workshop-745017_640

リストができたら、あとはカンタン。

前例を使うと、

「婚活がうまくいかない」(悩み)

『だって、太っているから』(理由)

 

この理由は、あなたが作り出した本当っぽい理由です。実際は違うんです。自分が考え出した“理由”を客観的に見る練習をしましょう。一般的に考えたら、太っていても結婚する人はいますよね? それをリストにつけ加えましょう。

 

「婚活がうまくいかない」(悩み)

『だって、太っているから』(理由)

「太っていても、結婚した人はいる?」(質問)

『太っていても、結婚した人はいる』(一般的な答え)

「じゃあ、アナタも結婚する可能性は?」(質問)

『ある』(アナタの答え)

 

悩みからくる「不眠」は治る

problem-98377_640

なんとなく悩んでいても、悩みは消えません。お友達に相談しても、「そんなことないよ。元気出して」、「ポジティブにいこう」と決まった言葉をもらうだけです。それでは、アナタの悩みは消えないし、不眠も解消されません。市販薬やサプリで対応しても、一時的な効果が上がるだけで、本当の不眠の原因は治らないのです。

 

紙とペンを使って、悩みリストを“見える化”することで、自覚ができます。シンプルですが、アメリカの医療現場でも使われているカウンセリングは、1人でも気軽にできるので、試す価値アリですよ。

 

いかがでしたか?

自分で自分を苦しめていることに気づいたら、スッと気持ちが軽くなるはずです。それでも“不眠”が続く場合は、専門家に相談しましょう。素敵な快眠ライフを手に入れましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ