眠れない時に眠くなる方法!対処法はある?⇒答えは飲み物にあった!

 

近年では、「夜なかなか眠れない」という悩みを抱える人が増えています。

原因は仕事の多様化によるライフスタイルの変化、スマホの見過ぎなどなど…

ゆっくり眠ることができないと、疲れも取れず気だるい日が続いてしまいます(>_<)

眠れない

寝なくちゃ、と思えば思うほど目が冴えてしまう(*_*)なんて経験ありませんか??

そこで今回は、「眠れないとき、寝るために何をする?」というアンケート調査を実施しました!

目次

眠れないときみんなどうしてるの?
安眠できる飲み物って?
それ、余計眠れなくしているかも…
毎日熟睡するために

 

Sponserd Link

 

眠れないときみんなどうしてるの?

それではまず全体結果の上位を見ていきましょう!

 

1位:本を読む 26人
2位:ストレッチをする 22人
3位:お酒を飲む 14人
4位:温かい飲み物を飲む 13人
5位:音楽を聴く 10人

 

(アンケート対象:全国の10代~60代以上の男女 200名)

 

第1位は「本を読む」でした!!

読書

普段から就寝前に読書をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

文字を読む際の、一定リズムの目の上下運動が眠気を呼ぶともいわれています。

また、お散歩などよりもストレスを軽減させる効果と、心を落ち着かせ精神を安定させる効果もあるそうです!

 

  • 「活字が苦手なので読むと眠くなります」(40代 女性)

  • 「本を読むと眠れるような気がする」(30代 女性)

ですが、ミステリー物長編小説は寝る前に読むには向いていません。

ミステリー物は本の内容に引き込まれやすく、本から離れにくくなりがちです。

漫画なども同様に、読みやすいが故についつい読みすぎてしまいますよね((+_+))

寝る前には、さくっと読める短編小説などがおすすめです!

また、スマホやタブレットなどの端末から発するブルーライトは寝付けない原因にもなるので、電子書籍は控えましょう。

 

スマホやパソコンをよく使う方は要注意!!

pixta_11640741_S

このご時世、仕事でパソコンを使う方も多いでしょう。

今回のアンケートでも、「スマホで本を読む」「スマホでゲーム」という意見が見られました。

日常的によく使う方は、肩こり眼精疲労などに悩まされていることが多いと思います。

これは筋肉が緊張してリラックスできず、寝付けない原因にもなります。

 

体は疲れているのに頭が起きてしまって眠れない

なんてことに陥ることも…

また、先ほど少し触れましたが、パソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトには睡眠を妨げる作用もあります。

強いブルーライトの刺激を受けると、脳は「朝だ」と判断し、睡眠を司るホルモンの分泌が抑制され覚醒してしまいます。840f9f3fdeab207d479a7cd503a6700d-e1426138259538

 

普段パソコンを長時間使う方は、

  • 適度に目を休める
  • 目や首を温める
  • 寝る前はスマホやパソコンを使わない

これらをするようにすると、不眠も改善されるかもしれません(^_^)b

 

第2位は「ストレッチ」!

ストレッチ

 

全年代の方から満遍なく票を集めたのが「ストレッチ」です。

  • 「ストレッチ体操を5~10分する」(20代 女性)
  • スクワットなど軽い運動をする」(40代 男性)

 

寝る前に行う10分程度の軽いストレッチは、日中の活動で疲労が溜まった筋肉をほぐし、血行を改善させることができます。

ストレッチをしてから1時間ほどでゆるやかに深部体温が下がりだし、指先や足先が温まったところで眠りにつきやすくなります。

なので寝る1時間前に軽いストレッチをするといいでしょう♪

 

30代の方々から支持を集めたのが、第3位の「お酒

寝酒

働き盛りの年代の方では多いのではないでしょうか?

ほろ酔いくらいで布団に入ると気持ちいいですよね(*’▽’)

アルコールには、気持ちを落ち着かせて眠気を呼ぶ働きがありますが、反対に眠り自体が浅くなってしまうデメリットもあります。

 

翌朝にだるさが残ってしまう、なんて可能性もあるので要注意…(・_・;)

寝る前のお酒は少量に抑えましょう。

 

 

安眠できる飲み物って?

アンケートの第4位に「温かい飲み物を飲む」が入りました。

最も多かったのはホットミルク!!

「眠れない!」と思ったらホットミルク、なんてイメージも根強いですよね。

ホットミルク

 

でもそんなホットミルクですが、実は安眠効果は無いそうです…

睡眠を促すホルモン「メラトニン」を作るアミノ酸「トリプトファン」。

これは人間の体内で生成することはできません。

 

 

なのでトリプトファンが含まれている牛乳を飲むことで、「セロトニン」を経て「メラトニン」が合成され、安眠に繋がる!と考えられてきました。

ですが、安眠のために必要なトリプトファンの量は1日500mg~600mg。

これを摂取するためには牛乳パック1本以上飲まなければいけません(*_*)

そんなに飲んでいたら安眠どころかお腹を壊してしまいますね…

 

安眠には何を飲むのが効果的か

そこで、今回のアンケートにも名前が出てきたのが「カモミールティー」です。

カモミールティー

ハーブティーはリラックス効果があると有名ですが、その中でもカモミールティーは

安眠、疲労回復に作用すると言われています。

さらに温かいものを飲むことは、ぬるめのお湯に浸かるのと同等の効果もあるそうです♪

 

  • カモミールティーにハチミツを入れて飲む (30代 男性)

なんて意見もありました。

ハチミツも快眠に良いとされているので、効果的な組み合わせですね!

寝る前の一杯は是非カモミールティーを試してみてください(*^^*)

 

それ、余計眠れなくしているかも…

バツのポーズをする女性早く眠りたくて、ついやってしまうことがあると思います。

でも、もしかしたらそれは余計眠れなくしてしまっているかも?!

そんな「寝る前にしてはいけないこと」を紹介していきます。

 

 

1.熱いお風呂に入る

お風呂

就寝時にじわじわと体温が上がると、気持ちよく睡眠モードに入ることができます。

ですが熱い湯に浸かると、神経が興奮状態を持続してしまい、なかなか寝付けなくなってしまうのです(>_<)

寝る前のお風呂の適温は38~39度

熱いお湯が好きな方は寝る4時間前くらいに入浴を済ませましょう。

 

2.寝る前にタバコを吸う

タバコ

喫煙者にとってはリラックスのひととき。

ですが、タバコに含まれるニコチンには覚醒効果があります!

ニコチンの覚醒効果は30分~1時間持続するので、寝る前の一服は控えましょう。

 

3.寝る前の食事

食事

食べ物を食べると消化が始まりますが、胃腸が活発に動いていると寝付けなくなりやすいです。

特にお肉などこってりしたものは消化に時間がかかってしまいますので注意!

また、食べてすぐ横になると胃の中の食べ物が逆流しやすくなり、「逆流性食道炎」の原因にもなってしまうので、極力就寝前の食事は避けるようにしましょう!

 

 

毎日熟睡するために

熟睡

「なかなか眠れないな…」なんて夜があったら、

  • 短めの小説を読む
  • 軽く10分程度のストレッチをする
  • 温かいハーブティーを飲む

これらを是非試してみてください!

気持ちよく熟睡できるようになるかもしれません。

 

皆様に安眠が訪れますように…(*^^*)♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ