精神的なストレスが強くなると睡眠障害になり、眠れない事があります

仕事や学業等で、精神的なストレスが強くなってくると睡眠障害(不眠症等)になる事があります。

例えば、仕事の納期が常にスケジュールが気になり、毎日この事しか考えられないような状態になると、寝床についても頭が仕事の事でいっぱいで寝付けれなくなります。

こんな時は良く少しのお酒を飲んだりする人がいますが、これは体質によっては逆効果で余計に活性化して寝れなくなってりします。

古典的な方法では、ひつじを数えるというのがありますが、頭が仕事等に集中してしまっているような場合は、羊の数もよくわからなくてイライラしてしまう事もあります。

そんな時は、睡眠薬に頼ってみるのも方法のひとつです。

睡眠薬にはタイプがある。

睡眠薬は、病院で処方されるもの市販のタイプがあります。

もし、真剣に寝れなくて悩んでいるのなら病院で診察してもらう事をお薦めします。

huminriyu

理由は、睡眠障害は人により度合いも様々です。

ある人は早朝覚醒で朝方に起きてしまう。別の人は、寝床に入っても寝れなくて朝方になってしまう、という様にタイプが違います。

その為、お医者様もタイプにより処方される睡眠薬のタイプを変えて対応されます。

ですから、お医者さんに診察してもらい、その上で自分の状況を説明してあった睡眠薬を処方してもらい改善されていく方が安心です。

今は、睡眠障害はストレス社会の為に一般的な悩みです。

早めに診察を受けて対応されるのがポイントです。不眠症からうつになる場合も聞きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ