仮眠をとって睡眠改善・不眠症改善を!【単相睡眠から多相睡眠へ】

こんにちは、睡眠探偵です。
今回は不眠症の方に試していただきたい睡眠方法をご紹介します☺☺☺



みなさんはどのように睡眠をとっていますか??
多くの方は夜に6~7時間程度の睡眠をとることが一般的だと考えていると思います。
もちろん夜に最適な睡眠をとれる人はこちらの睡眠方法がいいのですが、不眠症の方はそうはいきませんよね(´・ω・`)

不眠症の場合は、
✔ 入眠までに時間がかかる(入眠障害) ✔ 夜中に何度も目が覚める(中途覚醒) ✔ 朝早くに目覚めてしまう(早朝覚醒) ✔ 熟睡したはずなのに満足感がない(熟眠障害
などの症状のせいで、6~7時間というまとまった睡眠時間をなかなか取れません。
* この4つの症状について詳しく知りたい方は こちら をどうぞ *

そこで今回ご紹介するのが、「プチ多相睡眠」という睡眠方法です!


Sponserd Link

 

単相睡眠と多相睡眠って??

不眠症の方にオススメの睡眠方法としてプチ多相睡眠をご紹介するために、
①不眠症でない方の通常の睡眠方法「単相睡眠」
②自然界の動物の睡眠方法「多相睡眠」
・・・を簡単に説明していきたいと思います。

単相睡眠

単相睡眠

単相睡眠は、夜にまとめて睡眠をとるというもの。
不眠症でない方は、通常この睡眠方法で寝ています。
この単相睡眠によって、日中の生産性・活動量を上げることができるのです。

多相睡眠

多相睡眠

多相睡眠は、1日数回に分けて睡眠をとるというもの。
多くの動物は外敵から身を守るために、この睡眠方法で寝ています。
人間の赤ん坊も昼夜関係なく一日に何度も寝たり起きたりを繰り返していますよね(^-^)


うたた寝や仮眠を取り入れて「プチ多相睡眠」へ!

それでは、お待ちかねの「プチ多相睡眠」についてご紹介します?✨

プチ多相睡眠

プチ多相睡眠は、単相睡眠と多相睡眠を組み合わせた睡眠方法。
睡眠探偵が不眠症の方々にオススメしている睡眠スタイルです(*´ω`)

不眠症の方や日中に眠くなる方は明らかに睡眠不足??
そういった方々は、うたた寝仮眠をうまく取り入れて、夜の睡眠を補う必要があります。
そこでプチ多相睡眠では、単相睡眠にうたた寝や仮眠など少なめの睡眠を加えて多相睡眠へと睡眠スタイルを変えていこう!といったものなのです。

睡眠 仮眠 ベッド 女性

ここで、睡眠研究の第一人者である久留米大学の内村直尚教授が、福岡県の名門校・県立明善高校で行ったプチ多相睡眠に関する実験の成果をご紹介します!
約1ヶ月にわたり昼休みに15分の仮眠をとり続けてもらったところ、なんと明らかな学力の向上が見られ、難関大学への合格率が高まったという成果が出たのです。

この実験結果から見ても、プチ多相睡眠には
・睡眠不足の解消
・集中力を高める
・やる気アップ

といった効果があることがお分かりいただけたと思います(*´Д`)


上手な仮眠の仕方

それでは、プチ多相睡眠を目指すために、上手な仮眠の仕方をご紹介します。
仮眠の取り方によっては逆効果になってしまうことがあるので、正しい仮眠方法をしっかり学びましょう~☺☺

理想の仮眠時間は「20分」

仮眠をとる場合、深い眠りよりも浅い眠りを心がけることが大切です。
何故かというと、仮眠後にすぐに高いパフォーマンスで活動できる身体の状態にするため。
なので、理想の仮眠時間は20分だと言えます。
30分以上の仮眠は逆に眠気が続き、パフォーマンスを下げてしまうため、NGです⚠

そこでお伝えしたい上手な仮眠の仕方は、この仮眠サイクルです!

上手な仮眠の仕方

入眠潜時:目をつぶって寝付くまでの時間  ・・・5分
第1段階:浅めのノンレム睡眠       ・・・5分
第2段階:少し深めのノンレム睡眠     ・・・9分
=合計19分(約20分)

というサイクルを意識してお昼寝しましょう♪

なんと、昼の10分の仮眠は夜の1時間の睡眠に相当すると言われているんだとか!
お昼寝の効果は大きいんですね(#^.^#)
仮眠のときは横にならない

仮眠 昼寝 眠い うたた寝

「仮眠・お昼寝=横になる」というイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、横にならないが仮眠の絶対ルール!
横になるとどうしても寝すぎてしまう恐れがあるからです。


車で仮眠をとるならシートは倒しすぎないようにする。
会社で仮眠をとるなら頬杖をつく、机に突っ伏す、椅子に深く寄りかかる。
電車で仮眠をとるなら壁や手すりにもたれかかるようにする。 ・・・などのように、工夫して仮眠をとりましょう!


いかがでしたか??

今回はプチ多相睡眠と上手な仮眠の仕方についてお伝えしましたが、いかがでしたか??
今の睡眠スタイルに不満のある方、睡眠不足が解消できない方など是非試してくださいね☺

また、他のページでは「1分仮眠方法」というものもご紹介しているので、そちらも合わせて試してみると効果がアップするかもしれません(*^^)v

1分仮眠方法について見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ