【必見】眠気覚ましに欠かせない効果的な食べ物や飲み物とは一体?

忙しいビジネスマン必見!仕事中に、眠気がやってきた!?眠気と闘いながら、仕事をするのは辛いですよね?そこで、どうしても眠くなった時には、【眠気覚しに欠かせない効果的な食べ物や飲み物があるんです】コレでどうしても眠くなった時には、対策しましょ!1番効果的な食べ物や飲み物をオフィスに準備しておけば安心です。

 

【必見】眠気覚ましに欠かせない効果的な食べ物?

眠気覚しに効果的な食べ物は、アゴを使うモノです。

ガム

アゴを動かして、歯を動かすことで脳が覚醒するので、ガムを机に常備しておくと安心です。ガムを選ぶ時には、清涼感のあるミント味やカフェインが含まれている味を選ぶとさらに効果が期待できます。

ミント味のガムを噛みながら、深呼吸をすると清涼感を感じるので、リフレッシュできるのでおすすめです。

 

チョコレート

意外と知られていない『チョコレート』も眠気覚しに効果があります。チョコレートの中には、カフェインに似た成分が含まれているので、コーヒーと同様の効果が期待できます。カカオの濃度が高いものを選べば、通常のチョコレートよりもカロリーが控えめなので、ダイエット中でも大丈夫です。

 

プロテインバー

プロテインバーは、空腹を満たすための工夫がされているので、噛みごたえがシッカリしているモノが多いです。また、空腹を満たしてくれるので、忙しい仕事をしている人にオススメです。

 

【必見】眠気覚ましに欠かせない効果的な飲み物?

コーヒー

眠い時の定番、コーヒー。

コーヒーには、多くのカフェインが含まれているので、眠気覚しに効果的です。コーヒーを飲む時には、ホットコーヒーを選びましょう。

アイスコーヒーよりもホットコーヒーの方が覚醒作用が早く現れるので、ここぞという時にはホットコーヒーで目を覚ましましょう。

 

 

緑茶

緑茶は、コーヒーよりも高いカフェインを含んでいるものも多く、海外でも人気の飲み物です。

 

会社で緑茶を飲む場合は、個別包装をされたティーバックを机に常備しておきましょう。緑茶は風味を損なうと、風化して美味しくなくなるので、注意です。

 

眠気覚しに効果的な「カフェイン飲料」の締め切り時間?

仕事中に眠気が襲ってきて、カフェイン飲料を「眠気覚し」に使う場合は、飲む時間にも気をつけましょう。カフェインの眠気覚しの効果は、個人差がありますが6時間から8時間なので、14時以降はカフェイン飲料を摂取するのを控えましょう。

 

例えば、

15時にコーヒーを飲んだ場合は、15時から8時間プラスなので、23時にカフェイン効果が消えるはずです。個人差があるので、体調によってはカフェイン効果が8時間以上持続することがあるので、仕事中の眠気を防げても、自宅で睡眠時間が取れなくなると翌日の仕事中にも「眠気」がやってきます。悪循環を防ぐためにも、締め切りを厳守しましょう。

 

14時以降に、眠気がやってきた場合は、ガムを食べたり、ストレッチをして、眠気を覚しましょう。

 

眠気解消ストレッチ

椅子に座った状態で、肩をあげるストレッチを試してください。

ストレッチの方法は動画で紹介しています。

肩まわりの筋肉や緊張がほぐれると、新鮮な空気が脳に入り、眠気が解消されます。

 

眠気覚ましに欠かせない効果的な食べ物や飲み物の前に確認?

オフィスワークでパソコンを使うことが多い人は、眼精疲労のクセはありませんか?

パソコン作業中に、ドライアイが起きて乾燥を防ぐために、脳が『あくび』の指令を出して、涙でドライアイを守っている場合も、眠気が襲ってきます。

 

パソコン作業が多い人は、コンタクトレンズを着用していると、目の負担が高いので、軽量メガネやOAメガネでドライアイを守りましょう。

目薬も効果あり!

眠気覚しの原因が『ドライアイ』の場合は、乾燥を防ぐ目薬や眠気覚しの効果がある清涼感のあるタイプの目薬を選びましょう。

 

コンタクトレンズを着用している人は、ドライアイになりやすいので、コンタクトレンズ用の目薬を点眼することで、眠気の原因(あくび)を防ぐことができます。

コンタクトレンズを着用していないけど、ドライアイで疲れ目を感じる人には、この眼薬がおススメです。トロリとして感覚で瞳を包み込むので、効果が長く続くので、私も愛用しています。

 

疲れ目が続く場合は、医療機関などの専門家に相談しましょう。

Aida Minamoto

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ