メガシャキや眠眠打破は効かない?眠気覚ましの効果なしって本当?

こんにちは、睡眠探偵です。

勉強をしているときや、仕事中・会議中、さらには運転中にも突然襲い掛かる睡魔!
寝てはダメだとわかっていても、なかなか抗えないですよね…。

眠気覚ましに運動をしてみても効果ない…なんてことも少なくないはず。

そんな突然襲い掛かる睡魔を取っ払うには皆さんどうしていますか?

ブラックコーヒーや、カフェイン飲料を飲んで眠気覚ましをしたり、メガシャキや、眠眠打破などの眠気覚ましのエナジードリンクに頼るのも一つの手です!

しかし、眠気覚ましのエナジードリンクを飲んでも効果なし。効かない。という声も…

今回は、『メガシャキ』と『眠眠打破』に重点を置いて、眠気覚ましのエナジードリンクは本当に効果ないのか、どんな副作用があるのかを詳しく調べてみました!

メガシャキや眠眠打破を飲んでいて最近効果ないな、効かないなと思っている方は必見です!

効く?効かない?メガシャキ・眠眠打破等の眠気覚ましドリンクとは

眠気覚まし
Sponserd Link

メガシャキや、眠眠打破などの眠気覚ましに効果的なエナジードリンクですが、なぜ眠気覚ましの効果があるのでしょうか?

眠気覚ましになるエナジードリンクには、カフェインが多く含まれています。
このカフェインの効果によって眠気が解消されるといわれています。

カフェインは摂取後約30分で脳に到達し、30分から1時間で効果が出てきます。
カフェインの眠気覚まし効果の持続時間は人によって大差があるようですが、摂取してから8時間から14時間程効果があり、5時間ほどで半分以上体外に排出されてしまうようです。

そのため、眠気覚ましドリンクを飲んでからの数時間が最も眠気覚ましの効果があるといわれています。

眠気覚ましや、疲れた体を癒すためにエナジードリンクを引用している方は少なくないと思いますが、エナジードリンクは効かない・効果ない との声があるどころか、カフェイン中毒や副作用があるそうです…

眠気覚ましの効果ある?効果ない?エナジードリンク【メガシャキ】とは

メガシャキ

眠気覚ましのドリンクと言ったらハウス食品が販売しているメガシャキが有名ですよね。

メガシャキには1本あたりに約100mgのカフェインが配合されている眠気覚ましドリンクです。

効果ないとも言われていますがそんなことはありません!カフェイン量だけでも眠気覚ましに効果がありますし、メガシャキにはショウガやトウガラシ、サンショウといった香辛料抽出物のスパイスの刺激と、炭酸の適度な刺激で眠気がスッキリします。

リンゴとレモンの果汁が入っているジンジャーレモン味で飲みやすいのも特徴的です。

内容量:100ml
エネルギー:40kcal
カフェイン:100mg
金額:250円~300円
1日あたり1本を目安に服用

眠気覚ましの効果ある?効果ない?エナジードリンク【眠眠打破】とは

眠眠打破

常盤薬品が製造し販売している眠眠打破も、眠気覚ましドリンクとしては有名ですよね。

眠気を覚ましてくれるような商品名に引かれる眠眠打破もカフェインが主成分で眠気覚ましに効果のある飲み物です。

眠眠打破は、メガシャキよりも多い約120mgものカフェインが配合されており、レギュラーコーヒー2杯分に相当する量なんだとか!

眠眠打破は50mlという少量なのに効果が強く、手軽に飲むことができると人気の商品です。
現在は、眠気に最適なコーヒー味と、抹茶味の2種類が展開されています。

内容量:50ml
エネルギー:25.7kcal
カフェイン:120ml
価格:324円(税込)
1日1本を目安に服用

どちらも、用途・注意に多量引用は避けてとの明記があります。
“多量引用”は、メガシャキや眠眠打破が効かなくなるだけでなく、人体にも影響があります。

どちらも眠気覚ましに効果なし・飲んでも効かないと言われることもありますが、効かないのにはちゃんと理由があるんです…!

Sponserd Link

メガシャキ・眠眠打破などの眠気覚ましドリンクを飲んでも効かない?

効かない

ネット上では、メガシャキや眠眠打破を飲んでも眠気覚ましの効果なし。効かない。との声が上がっています。

“眠気覚ましの効果がある”として販売されているのにこれはどういうことでしょう?

メガシャキや眠眠打破を飲んでこれから頑張るぞ!と思っているときに効かないのでは意味がありませんよね。

メガシャキや眠眠打破を飲んでも効果なしと言われる理由についてもっと詳しく見ていきましょう。

効果なし!メガシャキ・眠眠打破が効かない【カフェイン耐性】とは

カフェイン中毒

メガシャキや眠眠打破が効かないのにはちゃんとした理由があったんです。
自分には眠気覚ましの効果ないからと常飲している人がいますがそれは危険信号です!

カフェインの効果ないなんてことはないので、効かないのはただの勘違いなのかもしれません。

眠気覚ましとして効果があるカフェインの効果の持続時間に個体差があるように、カフェインに対しての耐性にも個体差があることがメガシャキや眠眠打破が効かない一番の原因ではないかと思われます。

特に、日本人にはカフェインの耐性が強い人が多く、欧米で販売されている眠気覚ましドリンクは効かない人が多いんだとか…。

エナジードリンクを飲んでも効かない、効果ないという方は海外製の眠気覚ましドリンクを飲んでいるという可能性もあります。

日本で作られているメガシャキや眠眠打破は、他の眠気覚ましドリンクよりは効果がありますが、それでも効果なし!という方は、脳内のアデノシン受容体が増加しているのかもしれません。

メガシャキや眠眠打破が効かない・効果ないのは”アデノシン受容体”増加が原因

増加

脳内の”アデノシン受容体”は人体に眠気を伝える働きをしており、カフェインが結びつくことによってアデノシン受容体の動きを妨げ眠気を感じにくくします。

これが眠気覚ましドリンクの効果です。

しかし、カフェインを大量に摂取していると健康のために正常に眠気を伝えようと、アデノシン受容体の数が増え、今までのカフェイン量では眠気覚ましの効果なしということになってしまいます。

カフェインを摂取しても効果ない、効かない状態になってしまうと、眠気を覚ますために今まで以上にメガシャキや眠眠打破などの眠気覚ましドリンクで大量にカフェインを摂取しないと効果がない…
そして、過剰に摂取したカフェインを相殺しようとアデノシン受容体が増えるといういたちごっこが脳内で怒ってしまいます。

アデノシン受容体が増えてしまうと、常にある程度カフェインを体内に取り入れアデノシン受容体の動きを抑えないと常に眠気があったり、集中力が低下するという症状が起きるようになってしまいます。
これでは効果ないからと言ってエナジードリンクをさらに摂取してしまい、カフェイン中毒になってしまう悪循環です。

Sponserd Link

効果なし!カフェイン中毒だとメガシャキも眠眠打破も効かない!

カフェイン中毒

メガシャキや眠眠打破などのカフェイン飲料を多用すると、アデノシン受容体が増えカフェイン中毒になるという副作用があります。

成人の1日のカフェイン摂取量の目安は約200mg~300mgと言われており、コーヒー約3~4杯分です。

毎日メガシャキを飲み、効果がないからと眠眠打破を飲むカフェイン過剰摂取をしつづけ、カフェイン中毒になると
・夜寝れない
・落ち着きが無くなり、不安な気持ちになる
・頭痛、胃痛、吐き気がする
などの症状が出てきます。

さらに、1時間以内のうちに300mg~500mg以上のカフェインを摂取すると急性症状になり、危険な状態に陥ります。
自分には効かないから、効果なしだからと言って、カフェインの摂取量を増やすのは止めましょう。

折角、眠気覚ましになってくれるメガシャキや眠眠打破などのエナジードリンクをのんでも効果なしなんて、睡魔に勝つすべがなくなってしまいます。
メガシャキや眠眠打破が眠気覚ましに効果的だといっても、カフェインに体制がついてしまっては効かないので、1日1本程度を守り服用することで効果を発揮してくれますよ!

眠気覚ましドリンクなんて効果なし!という方は危険な状態だと理解した方がいいかもしれませんね…。

サブコンテンツ

このページの先頭へ