全米1位!バカ売れ本『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 』

全米1位!全米で話題沸騰中の最強の睡眠マニュアル本の日本語訳が発売スタート!ベストセラーの伝統入りになった内容は、健康的な睡眠を手に入れるルール21で構成されています。食事、寝る姿勢、ベッドなどで悩む必要はありません。睡眠に関する疑問が全てクリアになる1冊です。

 

『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 』著者は?

author

シャウン・ステーヴンソン(Shawn Stevenson)は、ベストセラー作家です。また、「The Model Health Show」というポットキャストも作っています。その番組は、ヘルスジャンルで1位。健康を気にするアメリカ人なら、彼の名前を知らない人はいません。

 

ミズリー大学で、ビジネス、生物学、運動学を学びます。ミズーリ大学卒業後、個人・企業向けの健康アドバイザーとして『Advanced Integrative Helth Alliance社』を立ち上げます。

話題沸騰中の彼は、様々なメディアをにぎわせています。起業家向けの雑誌、男性の健康雑誌、ESPNやFOXニュース。その他のメディアにも多く露出しています。現在は、ワイルドウッド・ミズリー州アメリカに奥様と子どもと暮らしています。

 

『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 』内容は?

 

気になる本の目次はこちら

【主な目次】

1章 睡眠は人生のすべてを左右する
2章 睡眠ホルモンを自らつくりだす
3章 電子機器の使い方を見直す
4章 カフェインの門限は午後2時
5章 体深部の温度を下げる
6章 午後10時〜午前2時のあいだに眠る
7章 腸内環境を整える
8章 最良の寝室をつくる
9章 夜の生活を充実させる
10章 あらゆる光を遮断する
11章 熟睡したいなら運動するしかない
12章 寝室にスマホを持ち込まない
13章 余分な脂肪を落とす
14章 快眠をもたらす最高の飲酒法
15章 最高の睡眠は寝るときの姿勢で決まる
16章 睡眠のためのマインドフルネス入門
17章 サプリは本当に必要か
18章 早起きで脳の働きを最大化する
19章 マッサージは睡眠に効く
20章 最高のパジャマはこれだ
21章 身体を自然に触れさせる

<引用元SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

 

目次を見ると、睡眠に関する疑問ごとに、解説されています。日本の睡眠常識とアメリカの最新の睡眠常識は、かなりズレがあることがわかります。

coffee-1159011_640

例えば、『4章 カフェインの門限は午後2時』についてですが、日本で仕事をしている人は、カフェインの最終時間はどのくらいでしょう?就寝前に飲まないようにしている人がほとんどではないでしょうか?

 

アメリカの新常識では、午後14時以降にカフェインは飲みません。

世界を賑わすアメリカの起業家の代表イーロンマスクさん。最近だと、スペースエックス社がニュースになっているので知っている人も多いかと思います。その彼は、就寝前6時間からカフェインを控えています。

参照記事 最強のアメリカ起業家「イーロン・マスク」は寝る前にコレしてる!

 

良質の睡眠で得られるベネフィット7個

 Female model sleeping on her bed

痩せる!

良質の睡眠で、脂肪が燃えます。気づいたら、体重もスルスル減ります。

記憶力と集中力UP!

良質の睡眠をとれるようになると、頭がスッキリします。記憶力と集中力が上がるので、仕事効率が上がります。

 

時間

効率よく眠れるようになるので、いつでも良質の睡眠を手に入れることができます。

ストレス

良質の睡眠をとることで、ストレスがリリースされます。翌朝の気分の変化に驚きますよ。

 

生産性UP!

良質の睡眠を得ることで、生産性が向上します。今までと同じ仕事をしても、良質の睡眠の後にできることが違います。

 

健康

心臓病、糖尿病、ガンなどの病気を防ぐことができます。睡眠と病気は深く繋がっているので、良質の睡眠をとることで、より健康になれます。

 

やる気!

世界中を悩ませている「やる気」問題。慢性的に、疲労感がある、やる気が出ないの問題は、良質の睡眠で解決できます。

たかが「睡眠」と思っているなら?

この本をおすすめしたい人は、以下の通りです。

・なんとなく興味はあるけど、何をしていいかわからない。

・短時間睡眠でもどうにかなっている。

・疲労感が続く。

・憂鬱で気持ちが滅入りやすい。

・ストレスを感じている。

・健康に興味がある。

・寝室の模様替えをしたい。

などの、幅広い年齢の男女におすすめの本です。

 

1冊の本がアナタの常識を変えてくれます!快眠を手に入れましょう。

Aida Minamoto

【参照】

※ Sleepmastebook

※ SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

サブコンテンツ

このページの先頭へ