各睡眠薬の強さを比較!自分に合った睡眠薬を見つけて不眠症改善を!

睡眠薬の「強さ」を気にしている方は意外と多い!

111129

・自分の睡眠薬はどれ位強いのか?
・強く無くて、弱い睡眠薬が欲しい…
・依存性が強かったらどうしよう…

等、様々な睡眠薬の「強さ」を気にされている方はたくさん存在します。

睡眠薬というお薬は、不眠症で苦しまれている方にとって、とても役に立つお薬ですが、その一方で大量服用や乱用、依存性等が問題になっており、正しい知識を身に付けて適切に服用する事が求められているのが現状です。

自分が服用している睡眠薬の「強さ」を知る事で、睡眠薬の正しい選び方を考えてみる事もとても大事になってきますから、もう一度、どの睡眠薬が自分に合っているのかどうかを良く考えてみましょう。

睡眠薬の分類

睡眠薬の種類を大きく分けると、

・ベンゾジアゼピン系

・非ベンゾシアゼピン系

・バルビツール酸系

・メラトニン受容体作動薬

・オレキシン受容体拮抗薬

上記の様に5種類が存在しており、それぞれ特徴や強さが異なってきます。

Sponserd Link

 

・ベンゾジアゼピン系の睡眠薬詳細

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はほどほどの強さの睡眠薬で、安全性も高く、とてもバランスが取れている睡眠薬と言っても良いでしょう。

副作用が無いという訳ではありませんが、バルビツール酸系の睡眠薬の様に重篤な副作用を引き起こしてしまう事は殆どない睡眠薬と言われています。

ベンゾジアゼピン系 睡眠薬の一覧

・ハルシオン  ・デパス  ・エリミン  ・サイレース  ・ロヒプノール
・レンドルミン ・リスミー ・ユーロジン ・ドラール   ・ダルメート
・ソメリン   ・ネルボン ・ベンザリン ・ベノジール  ・エバミール
・ロラメット  等の睡眠薬が有名です。

※ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は作用する持続時間によって細かく分類されます。

・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬詳細

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はベンゾジアゼピン系を改良した様な睡眠薬です。

アモバンやマイスリー、ルネスタ等の睡眠薬がこれに該当します。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には筋弛緩作用という筋肉を緩めてしまう作用がありふらつき易くなるので転倒をしてしまう事もしばしばあります。

特に高齢者の方はこの転倒による骨折の事故が多く、問題になっています。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は筋弛緩作用を少なくして、転倒やふらつき等の副作用を減らした睡眠薬で、安全性も高いので処方される頻度も多い睡眠薬です。

・バルビツール酸系の睡眠薬詳細

バルビツール酸系の睡眠薬は1950年頃から使用されるようになった古い睡眠薬で、とても強い催眠作用があるので麻酔として使われる事もあるくらい、眠りを導く効果としては非常に強力な睡眠薬としても有名です。

しかし、あまりにも効果が強すぎるので睡眠中に呼吸が浅くなってしまったり、呼吸が止まってしまう呼吸抑制等、重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性がある為、良く効きますがリスクもその分大きくなる睡眠薬と言われています。

現代では、不眠症の方にバルビツール酸系の睡眠薬が処方される事は殆ど無く、処方も推薦されてはいない状態になっています。どうしても眠れない方の為に、難治性不眠に限り処方される事もありますが、出来るだけ処方しない睡眠薬です。

睡眠薬としての商品名はラボナやイソミタール、ベゲタミンAやベゲタミンB、バルビタール等の睡眠薬が存在しています。

・メラトニン受容体作動薬の睡眠薬詳細

人間は夜になると脳の視床下部という所から『メラトニン』というホルモンが出るようになっており、このホルモンが脳のメラトニン受容体に作用する事で、人間は眠気を感じて眠りにつくサイクルを繰り返しています。

『それなら、メラトニン受容体を人工的に刺激してあげれば眠くなるはず』という発想で生まれた睡眠薬が、このメラトニン受容体作動薬となります。

他の睡眠薬の場合は薬の力で強制的に眠らせるものですが、このメラトニン受容体作動薬は「自然に近くナチュラルに眠りにつく事が出来る特徴があります。

自然な眠気を促してくれる睡眠薬なので特に大きな副作用もありませんし、安全性が高いのがメリットとなりますが、決して効果は強くない睡眠薬になっています。

メラトニン受容体作動薬の睡眠薬としてはロゼレムやラメルテオンが有名です。

・オレキシン受容体拮抗薬の睡眠薬詳細

オレキシン受容体拮抗薬の『オレキシン』とは、覚醒の保持に関係していると考えられており、オレキシンが欠乏してしまうと覚醒を保持する事が出来なくなってしまう事から眠りについてしまいます。

オレキシン受容体拮抗薬の睡眠薬はこのオレキシンの働きを邪魔する事で眠りを導いてくれるお薬で、この睡眠薬を服用するとオレキシンが働く事が出来なくなり、覚醒の保持が出来ない状態になるので眠くなってしまう効果が現れます。

オレキシン受容体拮抗薬は2014年に発売されたばかりの睡眠薬で詳細な特徴は今の所分かっておりませんが、現在の時点ではベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と同等の効果があると認められており、評価されています。

ベンゾジアゼピン系と比べた際に依存性や耐性、眠気の持ち越しが少ない等のメリットがあり、今後不眠症の治療に主役として使われる可能性がある睡眠薬です。

オレキシン受容体拮抗薬の睡眠薬としてベルソムラやスボレキサントが有名です。

gakusya

上記にも紹介した5種類の睡眠薬が今の所、日本で認可されています。

 

それぞれの強さとしては一番効果が強い順から、バルビツール酸系に始まり、非ベンゾジアゼピン系、ベンゾジアゼピン系、オレキシン受容体拮抗薬の三つが同じ位の効果を持っており、最も効果が弱いのがメラトニン受容体作動薬です。

 

安全性で見た場合については、メラトニン受容体作動薬が最も安全で、その次にオレキシン受容体拮抗薬、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系になり、最も危険性があるのはやはりバルビツール酸系の睡眠薬となります。

自己判断はせずに、必ず主治医と相談
dosing_02

最後になりますが、睡眠薬は絶対に自分の判断では調整してはいけません。

それは何故でしょうか?睡眠薬には元々、依存性というものがあり、勝手に服用量を増やすと睡眠薬の依存から抜け出す事が出来なくなります。また、急に服用を止めた場合、反兆性不眠や離脱症状といった症状を引き起こす可能性があり、苦しんでしまう事にもなり兼ねないとても危険な状態に陥ってしまいます。

睡眠薬の量を減らしたい場合や、増やしたいという希望がある場合、先ずは主治医に相談をし、意見を聞いた上で主治医と一緒に考えてみる事がとても大事です。

このページのまとめ

・睡眠薬は5種類存在し、種類によって強さや特徴が異なっている

・睡眠薬の主流となっているベンゾジアゼピン系は強さは同じで持続時間が違う

・副作用や離脱症状等で苦しまない為にも、自分の主治医と相談をして調整する事が重要

サブコンテンツ

このページの先頭へ