睡眠不足が原因で「頭痛」になってませんか?即解決!解消方法3つ

朝起きたら、頭が痛い。日中、頭痛がする。それは、睡眠不足が原因の頭痛じゃないですか?どんなに鎮痛剤を飲んでも、根本的な“原因”を解消しないと、ずっと痛いままなんです。放置しておくと“脳梗塞”のリスクが上がります。筆者の友人の医師に聞いた、即効性のある解消方法3つを紹介します。

 

■:睡眠不足で頭痛になる?

girl-504315_640

睡眠不足によって起きる“頭痛”には、2タイプあります。

・タイプ1「緊張型頭痛」

緊張型頭痛は、肩こりや首の疲れから筋肉がこわばって、血流が悪くなって起きます。私たちは、睡眠中に体力を回復しています。睡眠不足では、十分に筋肉の疲れを解消し、回復させる時間がありません。その結果、筋肉の強張りが起こり、頭痛が起きるのです。

 

・タイプ2「自律神経の乱れから、頭痛」

自律神経は、呼吸や心臓などを自動で行なっています。自律神経は、2種類あります。

<自律神経>

交感神経:気分の興奮・高揚を司る(日常)

副交感神経:精神のリラックスを司る(睡眠)

普段活動しているときは、交感神経が活発となり、睡眠中は副交感神経が活発となり、身体を休ませます。睡眠不足の場合、交感神経が活発になっているので、身体のリズムが乱れ、頭痛が起きます。

 

■:睡眠不足の頭痛解消方1「首を温める」

imagen-dolormuscular

頭痛時に、肩こりや首の痛みを感じる人は、緊張型頭痛です。血流が悪くなると「頭痛」が起きるので、ホットタオルで首を温めると“頭痛”が軽減します。

 

■:睡眠不足の頭痛解消方2「入浴」

baby-1150954_640

自律神経の乱れからくる頭痛も緊張型頭痛にも、“入浴”は効果的です。入浴することで、筋肉疲労を解消し、リラックスした時間を持つことで、副交感神経が活発になります。入浴のポイントは、少しぬるいと感じる程度の湯温に、長く浸かることです。

 

■:睡眠不足の頭痛解消方3「睡眠導入剤」

thermometer-833085_640

頭痛がひどい場合は、鎮痛剤を飲んでも効果は一時的です。痛みの原因が「睡眠不足」ならば、頭痛の原因を治しましょう。自己判断で鎮痛剤を飲み続けるのは、危険です。

睡眠不足を解消するには、専門医に相談しましょう。睡眠薬・睡眠導入剤に対して、悪いイメージがあるかもしれませんが、現在の処方薬は副作用も低く、漢方処方を行なっている病院もあります。

睡眠障害を専門に扱っている病院に相談しましょう。

睡眠障害専門病院リスト

 

頭痛は、大きな病気の原因になることもあるので、我慢しないで、早めに対処しましょう。

Aida Minamoto

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ