快眠度100%にしてくれる!?質の高い眠りを手に入れる『安眠グッズ5選』

最近、眠りが浅い?不眠症かもと感じたら、安眠グッズで質の高い眠りを手に入れましょう。快眠グッズを使うと、睡眠の質が上がるので短時間しか眠れない人にもオススメです。例えば、5時間睡眠でも質の眠りが高ければ、朝もスッキリ目覚めることができますよ。快眠度100%の筆者が実際に使っている『安眠グッズ』を5つ紹介します。

 

快眠度はどうやって測ることができるの?

Young woman waking up with headache

スリープサイクル

Sleep Cycle alarm clock
無料
(2017.09.21時点)
posted with ポチレバ
 

これは、無料で『快眠度』が測れるアプリです。スマートフォンがあれば、特に快眠度を測る時計やうェラブル端末も必要ありません。

詳しくは

ミランダ・カーも愛用中の睡眠アプリ「スリープサイクル」知ってる?

 

実際の快眠度は、5日間のデーターからグラフで見える化できるから、自分の本当の睡眠時間がわかります。

 

快眠度を測って、自分の『睡眠の質』をチェックしよう!


sleepcycle

自分の睡眠の質をアプリのデーターで確認しましょう。

長時間寝ているのに、快眠度が低かったり、

思ったより、短時間しか寝ていなかったり、

 

データーで見える化すると、改善点が見えてきます。

画像は、筆者の快眠度100%記録です。

 

快眠度を100%にするには、安眠グッズが役にたつ!

Young woman sleeping peacefully in her bed

快眠度100%の筆者が使っている『快眠グッズ』5つを紹介します。

少しずつ試して行くことで、アナタの快眠度の変化が見えるから、頑張るモチベーションにもなりますよ。

 

1.アイマスク

 
アイマスクは、ベッドに入ってから眠りに落ちる“入眠時間”を大幅に短縮してくれます。私が使っているのは、このアイマスクでシルク製なので、肌さわりもよくて気に入っています。580円と少し高めですが、睡眠の質が変わるのでオススメです。100円均で売っているアイマスクからスタートしても、効果を感じることができますよ。
 
 
 
 
 

4.パジャマ

 

パジャマも快眠度をあげるのに、必要です。人は、眠っている時に無意識に“寝返り”をしています。この“寝返り”をする時に、Tシャツやジャージなどを着て眠っていると、寝返りで布団を巻き込んだり、スムーズな寝返りができません。そこで、オススメなのが、シルク素材のパジャマです。パジャマは、頻繁に洗濯をするので私は合成シルクでペアを買って、予備がある状態にしています。シルクは、夏冬兼用で着れるし、寝返りがスームズでストレスを感じません。

 

5.抱き枕

いびきが気になる人は、横向きで寝る習慣を作れる『抱き枕』がオススメです。

抱き枕を使う習慣がない人は、お家にあるクッションを丸めたり、使っていないブランケットなどを丸めて、抱きつくように眠りましょう。いびきが減って、快眠度が上がりますよ。

 

 

睡眠時間を増やせなくても、睡眠の質が上がると朝の目覚めが違います。

安眠グッズで快眠を手に入れましょう。

Aida Minamoto

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ