いびきの原因は疲れ?スグ「いびき」改善するにはコレ!オススメ3つ

いびきがうるさいのって、自分では気づきませんよね。パートナーや家族から指摘されてから、気づく「いびき」。恥ずかしいし、すぐに「いびき」を改善したいけど、何からスタートしていいかわからない。そんなアナタにオススメの実際に筆者が「いびき」対策に行ったオススメ方法3つを紹介します。

 

■:いびきの原因は疲れているからなの?

baby-1266117_640

自分ではなかなか気づかない、いびき。自分のパートナーや家族から指摘されて、気づくことも多いですよね。「いびきの原因は、“疲れ”から」って、良く聞くけどそれって、何故でしょうか?

 

人は疲れている時、多くの酸素を必要としています。睡眠中に疲労を回復するため、口呼吸でより多くの“酸素”を吸うので、自然と「いびき」が発生しやすくなります。

また、日頃から「口呼吸」の人も「いびき」が多くなります。

 

■:いびきの原因は疲れ!「いびき」改善した方が良いの?

child-659283_640

いびきの原因は、口呼吸です。

口呼吸では空気中の細菌が体内に侵入しやすくなるため、感染症にかかりやすく、乾燥した空気を吸い込むので、気道が荒れて喉が痛む原因になります。喉風邪を引きやすい人は、いびきに注意しましょう。

 

口呼吸が関連して生じるリスク

・睡眠時無呼吸症候群

・免疫力低下

・成長ホルモン分泌の減少

・扁桃炎 ウイルスによる口内炎 歯周病

・口臭の悪化

 

いびきは、睡眠の質を低下させ、疲れが取れません。不眠症の原因にもなるので、早めの対策が必要です。

 

■:いびきの原因は疲れ!スグ「いびき」改善するにはコレ!オススメアイディアその1

allergy-18656_640

口呼吸になっていると、いびきが発生しやすくなるので、寝る前に鼻づまりをケアしましょう。柔らかいティッシュで鼻をかんだり、呼吸をスームズにするスチーム器具の使用もオススメです。

 

慢性的に鼻づまりがある場合は、耳鼻科に相談しましょう。花粉症などのアレルギー性鼻炎、蓄膿症は自分のケアでは治りません。耳鼻科で“鼻づまり”を解消すれば、いびきの改善ができます。

 

筆者は、眠る前に『鼻うがい』をして、いびきが改善しました。

 

<鼻うがい実践方法動画>

※注意※

効果に個人差がありますので、必ず耳鼻科医に相談してから、『鼻うがい』をしてください。

 

■:いびきの原因は疲れ!スグ「いびき」改善するにはコレ!オススメアイディアその2

baby-1151351_640-1

仰向けで寝ると気道が塞がりやすくなるので、横向きで寝るようにするだけで、いびきを改善できます。仰向けで寝るクセがついている人は、抱き枕やぬいぐるみを使って、横向きに寝るようにしてみましょう。

 

横向きで寝る枕も売っているので、検討しましょう。

 


 

横向きで眠るために、設計されたマクラだから、『快眠』できるんです。いびきを解消できれば、いつもより質の高い睡眠を期待できます。

 

購入者レビュー

購入者さん 

評価4.00

投稿日:2016年12月25日

自分に合う枕が中々見つからず色々試し皆さんのレビューを参考に購入しました。袋から開けた時に匂いが気になりました。高さが選べたのでローサイズにしました。フィットして良かったです。イビキ解消になったかは1人で寝ているためわかりませんが今のところ良く寝れてます 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

ぽじのさん 30代/女性

評価4.00

投稿日:2016年12月24日

 夫のいびき対策

かなりいびきがうるさい夫用に。完全にいびきが無くなることはありませんでしたが、ボリュームダウンにはなりましたし、いびきをかいている時間数が減ったような。なので、星4つです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 はじめて 

 

■:いびきの原因は疲れ!スグ「いびき」改善するにはコレ!オススメアイディアその3
bed-901740_640
 
寝る前にお酒を飲んでいませんか? 
「食前酒でディナーを楽しんで、リラックスした雰囲気で眠れるから、お酒(寝酒)が良い」と良く聞きますが、いびきを改善するには、お酒は控えましょう。
 
アルコールは、筋肉を緩める効果があるので、気道を支える筋肉も緩んでしまいます。気道の筋肉が緩むと、狭くなり必要以上に酸素を吸おうとするので、いびきの発生の原因になります。
 
睡眠中は、全体的に体の筋肉が緩んでリラックスしている状態なので、そこにアルコールが加わるとさらに筋肉が緩み、結果、気道が狭くなり、いびきを発生させます。
 
いびきを改善したい人は、寝る前にはハーブティーやノンカフェインの飲料で、リラックスするようにしましょう。
 
 
■:いびきの原因は疲れ?スグ「いびき」改善しない場合は?
kitten-1456832_640
 
すぐに改善しない“いびき”の場合は、そこに病気が隠れている場合があります。
アナタのいびきは、「睡眠時無呼吸症候群(SAS−Sleep Apnea Syndrome)」かも?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。<引用元:無呼吸治そう.com

 
 いびき対策をしても改善しない場合は、『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』を疑いましょう。潜在患者は、300万人とも言われる気づきにくい病気ですが、早めの対策で“いびき”は改善します。
 
まずは、こちらの
セルフチェックを試してみて、気になるようなら、専門医に相談しましょう。
 
Aida Minamoto

 【参照元】

※ 無呼吸治そう.com

サブコンテンツ

このページの先頭へ