眠れない?0円、不眠解消法「サングラス」を夜にした方がいい理由!

夜でも光の影響を受けて“体内時計”が狂っているから、眠れない。アメリカで睡眠学を研究しているグレン・ランドリー博士(Glenn Landry)が「眠れないなら、夜に“サングラス”をしてみるべきだ」と研究結果を発表しました。お家にサングラスがあれば、誰でもできるから0円で不眠が解消できます。

 

■: 0円、不眠解消法「サングラス」を夜にした方がいい人は? luggage-930804_640  私たちの生活は、常に24時間ライトがあって、いつでもどこでも光を浴びています。普通に仕事をしている人なら、仕事が終わって帰宅して、リラックスのつもりで観ている深夜のテレビや、ノートパソコンでメールを返信したり、SNSをチェックしていますよね?  その生活が「普通」の日常になっている人は、サングラスで不眠を解消できます。

 

Sponserd Link

 

■: 0円、不眠解消法「サングラス」って本当に効果ある? afterglow-73147_640光を浴びる状況にいる私たちの日常生活。いつが夕方で、いつからが夜か体が判断できなくなって、体内時計リズムを狂わせているんです。当たり前にやっている。その「普通の生活」が不眠の原因になっているから、自覚症状がないまま眠りの浅い人や、疲れが取れない感覚が残ってしまうのです。

 

■: 0円、不眠解消法「サングラス」はどんなものがいいの?

sunglasses-635269_640

日本でサンングラスは、UVカットやオシャレアイテムとして、流行していますよね。不眠解消に使うサングラスは、サイズのフィットしたゆったりしたものを選びましょう。サングラスを持っていない人でも、100均で買えますよ。掛け心地がゆったりして、締め付けがなければブランドやデザインは、関係ありません。遮光力が高いものを選ぶようにしましょう。

 

■: 0円、不眠解消法「サングラス」はどうやって使うの? couple-498457_640

就寝目安が22時なら、2時間前(20時)にサングラスをして、光を遮りましょう。サングラスで光を遮ることにより、自分の体に「夜が来た」と教えることができます。日常生活で光を完璧に遮ることは、難しいですが、就寝時間の2時間前に「サングラス」を習慣化することは、難しくありません。
 
Aida Minamoto
 
 
 
【参照】
サブコンテンツ

このページの先頭へ