眠れないなら寝具を変えよう!熟睡できる”7つの条件”って?

こんにちは、睡眠探偵です。
どうも寝つきが良くない・・・、そう思っているあなた!
もしかしたらそれは、敷き布団・掛け布団・枕のせいかもしれません?



寝返りしやすい。
朝起きたときに首や腰が痛くない。

このように、寝具の素材や硬さなどは人それぞれ好みが異なります。
ですが、寝具を選ぶ上で・・・
仰向けで寝ているときの姿勢が自然体である寝返りが打ちやすい という二つのことはマストなんです!

そこで今回は自分にぴったりの寝具が見つかる条件についてお話ししたいと思います!

\ みなさんが使っている寝具はどんなものですか?? /

ベッド 寝室 ベッドルーム 寝具 枕 布団

Sponserd Link

 

敷き布団の条件

1. ゆるやかなS字をキープできる

先ほども述べたように、仰向けで寝ているときに立っているときと同じように自然体であることが、快眠するにはとても大事!!!
立っているときの姿勢は背骨がゆるやかなS字を描いているので、S字をキープできるような敷き布団を選びましょう☺✨

S字 睡眠 姿勢

ちょうどいい硬さの敷き布団なら、筋骨が自然に休まるS字状態になります。
硬すぎると肩や腰に身体の重みが集中してしまい、逆に柔らかすぎるとお尻部分が沈んで腰が曲がった状態になってしまうのです。

掛け布団の条件

1. 重くない

重い布団は寝返りがしにくく、身体への圧迫感が大きいです。
睡眠時にそのようなストレスを受けると、目覚めたときに疲労感が残ってしまいます。
そのため、身体を押さえつけることのない重さ、つまり重すぎないことがベストなんです!

2. 湿気がとれやすい

私たちは睡眠時にコップ1杯もの汗をかくと言われています。
それだけの汗が寝具に残ってしまうと考えると、なんだか汚いですよね??
特に布団は汗による湿気を吸い取ってしまうので、湿気が溜まらない通気性のある素材を選ぶと良いでしょう。

3. 保温性がある

布団の中の適温は32~34度
この温度が保てる保温性のある布団の中綿の素材として、真綿・木綿が挙げられます。
どちらも保温性に加え、吸湿性にも優れているんだとか✨

ちなみに、これら3つの条件をすべて満たしているのは、羽毛布団です!!!
是非一度、軽くて吸湿性があって保温性もある羽毛布団を試してみてください??

枕の条件

1. 6~10cmの高さ

ゆるやかなS字をキープするには、敷き布団だけでなくも重要です!
立っているときの頭と首の状態を保てると言われる、6~10cmの高さが理想です。
実際に枕を買うときには、S字になるか試してくださいね。

2. フラットな形状

睡眠時には寝返りを打つことが非常に多いです。
そのため寝返りを打っても頭の位置が安定する平べったいフラットな枕が適しています。
条件1にもあるように、6~10cmの高さは意外とフラットなので、そちらと合わせて頭に合った枕を探してみてくださいね!!!

ちなみに、最適な枕を研究している「16号整形外科」の山田朱織先生も、フラットな形状が睡眠に適していると提唱しています?✨

3. 高反発な枕

最近は低反発で身体にフィットする低反発な枕が多く販売されていますよね。
低反発特有の寝心地に心奪われる方も多いと思いますが、実は睡眠の観点からみるとNG!
低反発枕は通気性が良くない寝返りを打ちにくいといったデメリットがあるんです。
そのため、寝返りをサポートしてくれる高反発枕が睡眠に適しています。

とはいえ、たまには低反発枕を使いたいという方もいるかもしれませんね。
そういった場合は、仮眠など短時間の睡眠に使用したり、湿度の低い季節・汗をかきにくい時期に使用を限定したりすると良いでしょう✨✨
特に季節で見ると、夏場はそば殻やビーズなどの素材が適していますよ☺

メンテナンスも重要?

寝具を快適に保つには、メンテナンスが重要です!
毎日の睡眠で寝汗をかいているので、布団はもちろん、枕や敷き布団も湿気をとるために小まめに布団を干しましょう✨
布団を干す際は、日なた干しがベストですが、羽毛布団なら風通しの良い日陰に干してもOKですし、外に干せなければ布団乾燥機を使うというのも一つの手ですよ?

布団 日なた干し 湿気

また、日なた干しした後はブラシや掃除機でダニやホコリを吸い取りましょう
布団たたきなどでパンパン叩くと、ダニの死骸がさらに細かく布団内部に入り込んだり、飛び散ったりするので要注意です⚠

いかがでしたか?

ƒ布団 枕 寝具 睡眠

今快眠ができていないという方の原因に、睡眠環境が整っていないことが多いのが現状です。
手っ取り早く睡眠の質を高めるには、ベッド・枕・掛け布団・敷き布団などを自分の体型に合わせることです✨
意外とみなさん寝具を購入するときに自身の身体にピッタリかどうかを重視していない傾向があるので、自分に合った寝具にするだけで、これまでの不眠や寝付けなさが嘘のようにすっきりするかもしれません(*´▽`*)♬

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ