【危険な飲み合わせ】睡眠薬を飲んでいる時の「お酒(アルコール)」の同時摂取は大丈夫?

こんにちは、睡眠探偵です。
先ほど睡眠雑学として、睡眠薬と危険な食べ合わせについて紹介しました。
そしてもう一つ気になるのが睡眠薬と危険な飲み合わせですよね!

基本的に薬はと一緒に服用することが当たり前ですが、面倒くさくてついつい近くに置いてあるペットボトルのお茶やジュースと飲んでしまうことってありませんか?
その飲み物が、睡眠薬との飲み合わせが危険だったら大変・・・⚠
今一度睡眠薬と危険な飲み合わせについて勉強しましょう(*´▽`*)

薬 医薬品 睡眠薬

×

飲み物 ドリンク 牛乳 飲み合わせ
Sponserd Link

 

睡眠薬とお酒は一緒に飲んじゃダメ!

アルコール
もちろんこの飲み合わせがダメだということは周知の事実かと思いますが、それが睡眠薬となるとお酒で飲んでしまう人が多くなってしまうんです。

なぜかというと・・・
日本では、多くの人が寝付けないときに「お酒を飲む」といいます。
そう!早く眠りたいからと考えて、お酒と睡眠薬を併用して眠気を呼ぼうとするのです⚠
どちらも寝付きやすくなるという効果があるからいいだろう・・・。
そんなふうに思うのかもしれませんが、睡眠薬はれっきとした医薬品です。
他の医薬品がアルコールと一緒に摂取してはいけないように、睡眠薬もアルコールとの飲み合わせは危険なんです。

シャンパン アルコール 酒

ちなみに・・・
アルコールは眠りに悪影響を与えるので、寝酒自体NG
確かにアルコールを飲むことで眠気がやってくるので、その場限りでは眠りに良い効果があるような気がしますよね。
ですが、総体的に見ると途中で目が覚めたり眠りが浅くなったりするんですよ!

何故睡眠薬とアルコールの飲み合わせが危険なの?

お酒には中枢神経抑制作用があり、血液の循環を良くする効果があります。
この作用はアルコール摂取量に比例し、薬との同時摂取で効果を強くするとされます。
何故なら、血液の循環が良くなることで薬の成分が血管全体に通常よりも早いスピードで巡ってしまい、薬の効果を急激に受けるからです。

脳の活動を抑える

記憶障害 おじいさん 男性 頭 脳

アルコールと睡眠薬は、脳の活動を抑えることによって眠気を引き出しています。
そのため、アルコールとの摂取により睡眠薬の効果が必要以上に強くなってしまい、頭痛吐き気をはじめ、意識障害呼吸障害、最悪の場合には昏睡状態に陥る危険性があります。
さらにそれだけでなく、精神運動機能低下・前向性健忘(寝る前、中途覚醒の記憶がない)などの副作用も出やすくなってしまうのです。
実際に、睡眠薬の薬効が強くなり、記憶障害を引き起こしたケースがあります。

肝臓に睡眠薬の成分が残る

仕事 日中 仮眠 うたた寝 男性

その他にも、お酒と睡眠薬は肝臓によって分解され、体外へ排出されるのですが、肝臓は睡眠薬よりもアルコールを優先的に分解しようと働きます。
すると、起床後も肝臓に睡眠薬の成分が残ってしまい、日中の異常な眠気に繋がってしまう恐れがあるのです。

アルコールを飲んだ場合は、いつ睡眠薬を飲めばいいの??

アルコールと睡眠薬の摂取間隔はどれくらいあければよいのかというと、薬の持続性とアルコール摂取量によって異なるため、正確な時間はお伝えすることが難しいです。
しかも、睡眠薬の服用をやめても、数日間睡眠薬の成分が体内に留まっていることが・・・。
そのため、睡眠薬を服用する場合はアルコールの摂取を数日間控えるなど、あらかじめ対策をとっておく必要があります。
少なくともアルコールが抜けるまでは睡眠薬を服用しないようにしましょうね?

アルコールが抜けるまでの時間の計算方法

① 身体が1時間に消化できるアルコール量を計算する
体重(kg) × 0.1 = 1時間に分解できるアルコール量(g)

② 飲んだ純アルコールの量を計算する
[ アルコール度数 ÷ 100 ] x 量(ml)× 0.8(アルコール比重)= 純アルコール量(g)
*アルコール比重は、エタノールの0.792gを0.8gとして設定しています。

③ 飲酒量からアルコールが抜ける時間を計算する
(純アルコール量) ÷ ①(1時間に分解できるアルコール量)= 飲んだアルコールの消化時間

いかがでしたか??

睡眠薬とアルコールは似た作用があるからこそ、余計に危険⚠
せっかく睡眠薬を飲んで睡眠不足を解消しようとしたのに、肝臓に睡眠薬の成分が残って日中異常な眠気に襲われてしまっては本末転倒ですよね???
しかも、記憶障害や昏睡状態になってしまうリスクもあるなんて、睡眠薬とアルコールの同時摂取は怖すぎます・・・(・_・;)
くれぐれも睡眠薬の服用時はアルコールが残っていないときに!

また、食べ合わせでも紹介したように、グレープフルーツをはじめとした柑橘類も睡眠薬との同時摂取がNG。
そのため、グレープフルーツジュースや一部の柑橘類のジュースも、睡眠薬との飲み合わせが悪いので、気を付けてくださいね!!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ